TOP > ニュース

【ベラトール】キング・モーが2大会連続の負傷欠場

2017/10/07(土)UP

キング・モーは6月大会に続き、10月大会も負傷欠場することとなった

 2015年と2016年のRIZIN年末トーナメントにも出場した元Strikeforce(ストライクフォース)ライトヘビー級王者キング・モー(36=アメリカ)が、10月20日(金・現地時間)アメリカ・コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催される『Bellator 185』を負傷により欠場することが、主催のベラトール・エムエムエー(Bellator MMA)から発表された。

 モーは今年6月のニューヨーク大会も負傷欠場しており、今大会で元ベラトール・ライトヘビー級王者のリアム・マクゲリー(34=イギリス)を相手に、約7カ月ぶりとなる復帰戦を行う予定であった。モーの負傷の詳細は明らかになっていない。

昨年12月のベラトール・アイルランド大会で、石井慧(左)から完封判定勝ちを収めたモー(右)。この試合からわずか2週間後に、RIZIN無差別級トーナメントでミルコ・クロコップと対戦した

 なお、モーの欠場により、ババ・マクダニエル(34=アメリカ)が代わりにマクゲリーと対戦することも決定。

 マクダニエルは2013年から2014年に掛けて、UFCに出場した経験を持つベテランファイター。ベラトールには2009年5月に一度出場し、UFCからリリース(契約解除)後の2014年6月からは継続参戦している。

 マクダニエルのMMA通算戦績は28勝10敗で、このうちKO・TKO勝ちが7回、一本勝ちが19回だ。UFCでは1勝2敗、ベラトールでは3勝1敗の戦績を収めている。

PHOTOS(C)Bellator MMA

●編集部おススメ記事
【ベラトール】キング・モー、7カ月ぶり復帰戦決定
【RIZIN】ミルコがキング・モーに逆転TKO勝ち
【ベラトール】モーが“ランペイジ”・ジャクソンに雪辱、18kg差を跳ね返す

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース