TOP > 試合結果

【ナイスミドル】仮面ライダーの元ショッカー、マスクを脱ぎ57歳で大暴れ!

2009/03/08(日)UP

元ショッカーの片山(右)が大暴れ

 2009年3月8日(日)東京・新木場 1st RINGにて、ナイスミドル!実行委員会『NICE MIDDLE 3』が開催された。

「NICE MIDDLE(ナイスミドル)」とは40歳以上が出場するキックボクシングイベントであり、今大会には70年代の人気番組『仮面ライダー』のショッカー役が選手として出場し、会場を沸かせた。

菅野(左)も反撃し片山にパンチを入れていく

 その選手の名は片山小源太。今回出場選手の中で最高齢の57歳だ。1973年、全日本キックボクシングバンタム級4位となり、引退後、ジャパンアクションクラブに転身。

 仮面ライダーのショッカー役のほかに、ゴレンジャーのゾルダー(ショッカーのような役)、志保美悦子に負ける空手家、1977年に千葉真一の「激殺!邪 道拳」で主役の千葉に襲い掛かる猿などをこなすも、ショッカーでは食べては行けず、子供が生まれたのをきっかけに、生活の安定を考え25歳で建築関係の仕事に転身。現在に至る。

 その片山は43歳の菅野一教と対戦。片山は年齢を感じさせないショッカーのような瞬発力で右ローキックの連打と突きの連打で果敢に攻めていく。
 

試合後お互いを讃え合う

一方、菅野も負けじと応戦するが試合は片山ペース。と思いきや、パンチが片山に数発ポンポーンとヒットし、レフリーがすかざす入ってダウンをとる。

 試合中、リングサイドにいた片山の孫が大きな声で泣き出し、そこでも会場を沸かせたが、ダウンはその油断か。本人は格闘家らしく「自分が弱いからです」と孫の泣き声とダウンの因果関係を否定。

 この大会40歳以上のイベントだけあって、安全面には非常に気を使っている。特に顔面へのダメージがそうだ。顔面にパンチが当たり、軽く効いたかな、という段階でストップが入り、ダウンをとる。

 2Rに入ると、菅野が積極的に攻撃しパンチがクリーンヒットしたところでダウンと判定。この大会は2度ダウンすると試合終了となり、菅野が2R36秒でKO勝利した。

試合後インタビューを受ける片山

 片山は「年齢に反抗して体鍛えて大会に出てますけど今日は負けちゃいました。でもこのパワーで大不況を吹き飛ばしていくぞ!」と負けたにも関わらず爽やかで前向きな笑顔の挨拶があった。

 試合後、片山は「今までなかなか夢がかなわなかった。そこでこの大会に出会った。年齢制限の59歳までがんばりたいですね。とことんやってみたい。引退のときは10カウントを聞けたら幸せですね」と今後について語っており、これからも片山の活躍が見れそうだ。

☆次のページは元SB王者と元日本キック王者の40代の元王者対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果