TOP > 試合結果

【レベルス】梅野源治が再起戦で熱闘、タイ現役ランカーに競り勝つ

2018/06/06(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

前に出る梅野(右)がピンペット(左)をロープ際に詰めて攻撃。ミドルキックのクリーンヒットが勝敗を分けた

Def Fellow
「REBELS.56」
2018年6月6日(水)東京・後楽園ホール

▼第8試合 メインイベント 61.235kg契約 ルンピニージャパンルール 3分5R
〇梅野源治(29=PHOENIX/WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者)
判定2-0 ※49-48、49-49、49-48
●ピンペット・シットジャーディン(24=タイ/ルンピニースタジアム認定スーパーライト級5位)

 日本ムエタイ界をけん引する梅野は2月大会にてルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦でクラップダムと対戦。日本人初のムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得に期待がかかったが、4R55秒、TKOで敗れて王座獲得ならず。その進退が注目されていたが、現役続行を表明した。

 今回、再起戦と言えどもルンピニースタジアム認定スーパーライト級5位のピンペットという強豪が用意された。梅野は現在ルンピニー・ライト級9位にランキングされており、1階級上のランカーとの対戦となる。

 1R、ピンペットの重い左ミドルと左ストレートで梅野はたびたびバランスを崩す。梅野も鋭い右ミドルを蹴るが、パワー差があるかピンペットの攻撃に押されて下がる場面が目立った。ピンペットは早くもヒジを繰り出す。

 2R、梅野は右ボディストレートを多用し、右ミドル、前蹴りでもボディを攻めていく。これでピンペットの表情から余裕が消えた。序盤はパンチとミドルで前へ出ていたピンペットだが、後半は下がり始める。

 3Rはピンペットが強い左ミドルとパンチで攻めていく。梅野も右ボディストレートを突き刺し、細かい連打と右ミドルで応戦。首相撲の攻防でも両者ゆずらず。激しい蹴り合いと首相撲での主導権争いが展開される。

 4R、梅野が右ストレート、左フックで前へ出て攻めていき、ピンペットをロープ際やコーナーへ詰めていく。ピンペットは組み付いてのヒザ蹴りを多用。離れると梅野がミドルを蹴って右フックを中心にパンチを当てていく。

 5R、序盤から両者が激しい蹴り合いを見せるが、梅野はパンチをヒットさせていき、首相撲の攻防でも負けない。終盤に左ミドルと右ミドルを一発ずつ強烈にヒットさせ、右ストレートも。前へ出てピンペットをロープにくぎ付けにさせてパンチ、ミドルを打ち込んでいく。勝利を確信した梅野は守りに入り、追って来るピンペットのミドルを防御して試合を終えた。

 判定は2-0で梅野が復活の勝利。ギリギリの競り勝ちだったが、5Rに左右のミドルを強烈にヒットさせたことが決定打となった。

 マイクを持った梅野は「強豪選手で正直不安が凄かったんですが、格闘技で世界で一番になると決めてきたので、これからも強豪選手相手に逃げるつもりはありません。今後も応援していただけたら嬉しいです」と、再び夢のルンピニー王座を目指して戦っていくと宣言した。

 試合後のインタビューでは、蜂窩織炎(ほうかしきえん=細菌感染症)で左足が腫れて痛みがあったことを告白。また、試合中にピンペットの左ミドルをもらって右わき腹の骨が折れたかもしれないと明かした。

「今日の試合内容は満足していないので、クラップダムと再戦して勝てると確信することは出来ませんでしたが、自信にはなりました」と梅野。「最低でも勝つという目標を達成できたのでそこはよかったと思います。全体的に僕が前へ出たのが勝因でした。5Rのミドル2発はピンペットが“もらってしまった”という顔をしていました。とにかく今は、自分に“おつかれさま”と言いたいです」と、安堵の表情を浮かべた。

次ページ:スアレックvs杉本卓也、老沼隆斗vsJIRO

●編集部オススメ

・梅野源治、もう前しか向かない「世界最高峰の試合を見せる」

・梅野源治がルンピニー王座見据え、再起戦へ「もっと強くなれる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果