TOP > ニュース

【Krush】クルーザー級トーナメント参戦の愛鷹亮「重量級で2階級制覇」狙う

2019/02/07(木)UP

パンチの打ち合いを得意とする愛鷹

 2月16日(土)東京・後楽園ホールにて開催の『Krush.98』で「初代クルーザー級王座決定トーナメント1回戦」のうち2試合が行われる。

 既に1月26日の『Krush.98』で2つの1回戦が行われており、K-1初代クルーザー級王者決定トーナメント3位のK-Jee(28=K-1ジム福岡チームbeginning)と、同じく3位という結果を残した杉本仁(28=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)がいずれも2RKO勝利で勝ち上がっている。

 今回残りの2試合が行われ、うち一つは現Bigbangヘビー級王者・愛鷹亮(29=力道場静岡)とRUI(27=K-1ジム蒲田チームキングス)が激突。

パンチでKOした愛鷹

 ヘビー級で戦うことに拘りがあった愛鷹だが「K-1の初代クルーザー級王座決定トーナメントも会場で見ていたんですけど、すごく盛り上がっていたじゃないですか。でも自分はその輪に入れずに蚊帳の外にいる、と。それがすごく悔しかったんですよね」と言う。

「自分の意地でヘビー級に残ることは簡単かもしれないですけど、周りの応援してくれる人たちがそれを望むのかなと考えた時に、みんなにベルトを巻く姿を見せたいと思ってクルーザー級に落とすことを決めました」と参戦理由を語った。
 
 減量したコンディションについては「練習の質が上がってスピードとスタミナも上がりました。パワーも全然落ちてないですし、クルーザー級に落として悪いことは一個もないでしょうね」と、ヘビー級のパワーを維持したままだという。

 対戦相手のRUIについては「身長が大きい印象です。ただ(顔まで攻撃が)届かない高さではないので、下を蹴って殴ってと色々考えています。ミドルやヒザ蹴りが高い位置から来るので、そこを気をつけながらパンチで倒します」と193cmの相手を得意のパンチで倒すとした。

「今、自分はBigbangのヘビー級王者でもありますし、Krushのクルーザー級も獲って、重量級で2階級制覇したいですね」と意気込む。

長身から繰り出すヒザ蹴りでKOしたRUI

 一方のRUIは、以前からクルーザー級で戦っていたが、K-1の初代王座決定トーナメントではリザーブファイトだった。11月のK-1では、MMA(総合格闘技)ファイターの加藤久輝にKO負けしている。

 そんなRUIが今回のトーナメントにかける思いは「正直、誰よりも強いと思います。僕は生半可な気持ちでやってるわけじゃないですし、このタイトルは絶対に獲りに行きます」と意気込む。

「ベルトを獲れば発言権も得られると思うし、そうなれば加藤選手を相手に指名したいですね。加藤選手に負けたあと、加藤選手が話をしに来てくれて『俺はもう歳だから(再戦は)やりたくないよ』と言ってたんですけど、今度はしっかり引導を渡してやりたいですね」と、王者となり堂々のリベンジを狙う。

 RUIは相手の愛鷹の印象を「男気のあるファイターだなと。何度か会場で試合を見て、面白い試合をする選手だと思ったし、やってみたいと思っていました。殴り勝つというのは厳しいけど、愛鷹選手に付き合わずに蹴り勝ちたいと思います」と長身を生かした蹴りで対抗すると宣言した。

【大会・チケット情報】 2・16 Krush実行委員会「Krush.98」

 

●編集部オススメ

・3度目の対決も愛鷹が勝利、古田を初回KO

・193cmの長身RUIがKO勝ちでリザーバーに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース