TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊との激戦を乗り越えたレオナ・ペタス「テーマは秒殺」とムエタイ強豪を倒して復活狙う

2021/10/20(水)UP

レオナ・ぺタス(左)とマキ・チャーチャイ(右)が対戦決定

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第1競技場)で開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』の追加対戦カード発表会見が20日(水)都内にて行われた。

 すでに、K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチとして、王者・椿原龍矢(22=月心会チーム侍)vs挑戦者・軍司泰斗(22=K-1ジム総本部チームペガサス)の試合をはじめ、プレリミナリーファイトを含めて8カードが決定していたが、今回は7試合が追加された。

 注目は、レオナ・ぺタス(28=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)の復帰戦だ。レオナは、今年3月28日に開催された『K’FESTA.4 DAY.2』の「K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で、王者・武尊(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と打ち合い、2R KO負けを喫していた。対戦相手は、マキ・チャーチャイ(31=タイ)に決定。契約体重は、-61.5kgに決まった。

司会者の「正面を向いて」との指示にも微動だにしないレオナ

 会見に出席したレオナはチャーチャイと並ぶと、いきなりフェイス・トゥ・フェイスでプレッシャーをかけた。司会者の「正面を向いて」との指示に対しては、チャーチャイがどこを向いていいか戸惑う中、レオナは微動だにしなかった。

 会見でレオナは、「お待たせしました。この間は負けちゃったんで、大阪は勝ちたいと思います」と一言。さらに「腐らず、諦めず、がんばってきました。あの試合よりも強くなっていますので、楽しみにしてください」と続けた。

 レオナは初めてのタイ人との対決、そして階級を上げてチャレンジすることとなる。

「本当は60kgでやり残した選手がいたんですが、ケガでできないということで、自分は上の階級の選手でやりたい選手がいるので、今回から上げるって感じです。対戦相手がタイ人といっても、同じ人間なので変わりないです。キックが速いのかなという印象ですけど、みんな速いので、もらったらやられてしまうところは同じですね」とコメントした。

 チャーチャイはムエタイとK-1ルールの違いについて、「ヒジとヒザが禁止と聞いていますが、とくに問題はないです。相手のパンチも耐える自信がありますし、そして勝ちます。今後は、K-1のチャンピオンを目指しています」と自信満々に語った。

会見でコメントするレオナ

 武尊戦から復活した経緯についてレオナは、「自分もあの試合にかけていたので、1ヵ月くらいはボーっと過ごしていました。でも、そんなことをしていてもしょうがないので。ちょっとやりたいなと思うようになりました」と振り返る。

 対戦したい選手について聞かれると、「それは、ゆくゆくお楽しみにって感じです」と具体名はあげなかった。今回のテーマは、「秒殺です」とレオナ。横で聞いていたチャーチャイは、「勝たせないことに自信があります」と苦笑した。

 武尊戦で学んだことを聞かれたレオナは、「自分の気持ちは抑えるってことですね。今後は自分が描いた通りの、思いついたことをしたいです。あの試合を経験して、レベルも上がったと思います。考え方も変わってきていますので、12月に大阪で見てもらいたいですね」と抱負を語った。

●編集部オススメ

・(動画あり)武尊がレオナにKO勝利! 次は夢の一戦へ、那須川天心がリングサイドで見守る

・【K-1】武尊、ロッキー腹筋でのボール落としに「マジ凄い」「スタローン以来だ」とファン驚愕

・【K-1】王者・椿原のタイトル戦など8カード決定=12.4 大阪(第一弾カード発表)

・【ベストファイター7月】地元で王座戴冠の朝久泰央、強さの秘訣とは!ゴンナパーの殺気を読む”朝久流養我”

・菅原美優、写真集イベントで「他のアイドルに無い、筋肉とか見て欲しい」水着やバニーガールにも挑戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧