TOP > トレーニング動画 一覧

【動画】バリ硬な人必見! 憧れのハイキックを蹴るための 「開脚」ストレッチ講座

第1回
開脚はどこの筋肉をほぐすべきなのか、骨格と姿勢についての説明と、開脚に向けた大臀筋(おしり)、ハムストリングス(太もも裏)のストレッチ

これだけで前屈の柔軟性が増す! 

映像を見る

第2回
開脚には2つの内転筋ストレッチ
開脚に必要な5つの内転筋のストレッチを2パターンに分け内転筋すべてを柔らかくしていく。 

映像を見る

第3回
前傾と後傾の練習と開脚

まずは写真のカエルの姿勢のストレッチから。この姿勢で上体を起こした逆正座がきつい人にはカエルがオススメ。逆正座もハイキックには有効。
前傾、後傾を練習、その他2種類の姿勢からの練習を経て開脚に至る。

映像を見る

第4回
前傾ができない人はタオルを使用
タオルを使うと前傾がしやすくなる!?

映像を見る

第5回
身体が固い人のための筋膜リリース

筋繊維を包む薄い筋膜、また筋肉の各ブロックごとにも筋膜があり、あまり体が動かさない箇所など筋膜同士が癒着し筋肉の動きが固くなる原因となる。
その癒着をほぐし滑りやすくする方法がある。

映像を見る

第6回
股関節だけじゃないハイキックストレッチ
きれいなハイキックは開脚だけにあらず。下半身と上半身の連動したストレッチを伝える。 

映像を見る

▼実演指導者 紹介

“はじめてのストレッチ専門店”なら
ストレチックス新大塚店(新大塚駅すぐ)
ストレッチトレーナー
渡辺 久進(ワタナベ ヒサシ)

スポーツ愛好家多数利用中! パーソナルストレッチ(整体のように身を任せすだけで柔らかくしていく)で関節可動域を広げることはスポーツのパフォーマンス向上に役立つことはもちろん、運動後の疲労軽減に役立ちます。
※【初回体験】は50%OFF料金でご案内!
(例:50分通常5,400円→初回2,700円) 

関連動画

TOP > トレーニング動画 一覧