TOP > ニュース

【RISE】町田光が初参戦でチャンヒョン・リーと激突「僕はビビッてしまいました」

2018/04/25(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

RISE初参戦でスーパーフェザー級王者リー(写真パネルの人物)との激突が決まった町田

 6月17日(日)千葉・幕張メッセ・イベントホールで開催されるRISE史上最大のビッグマッチ『RISE 125』の追加対戦カードが、4月24日(火)都内で行われた記者会見で発表された。

『KNOCK OUT』で活躍する“居合パンチャー”ことWPMF世界スーパーフェザー級王者・町田光(30=橋本道場)が初参戦。第5代RISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リー(25=韓国)との対戦が決まった。

 町田は居合い抜きの動作を応用した必殺技“居合パンチ”をはじめとする数々の必殺技で人気を呼び、INNOVATION、REBELSなど複数の団体で人気者に。現在はKNOCK OUTを主戦場として、昨年12月には大月晴明にハイキックでKO勝ち。しかし、今年2月にはNKBライト級王者・高橋一眞に敗れて今回が再起戦となる。

 対するリーは“韓国の鉄拳”の異名を持ち、強打者ぶりを発揮して7月にRISE三階級制覇・裕樹をKOで撃破、11月には野辺広大を破りRISEスーパーフェザー級王座を奪取した。しかし、リーも今年2月大会で減量の失敗もあって秀樹に敗れ、今回が再起戦に。

 会見に出席した町田は「僕は最初、この話をいただいた時にビビってしまいました。リーと自分がやることになるとは考えていなかったので」と告白。「リーには野辺選手と裕樹選手が負けています。僕はレベルスで野辺選手と戦ってその強さを知っています。リーはその野辺選手を何度もダウンさせてしまうので、ビビりました」とその理由を話した。

「でも、だからこそ逃げたくないと思いました。僕はもともと弱い自分が嫌いで格闘技を始めました。このリーとの戦いを乗り越えることで、僕自身もっともっと強くなれると思うのでこの試合をやらせていただきます」と決意したのだという。

 リーからは「RISE122で私は減量に失敗し、反省して坊主にしました。その後、私の髪が育ったように、私の身体、心、技能が育ちました。RISEの大きなイベントでソンヒョン(松倉信太郎と対戦)と一緒に試合できるのがとても嬉しい。町田光は面白いファイターですね。彼には予期せぬ動きがあり、スタミナもあります。試合では町田の居合パンチが印象的です。しかし、あのパンチはあまりにも動作が大きく、気づきやすいです。彼との試合は熱く刺激的なものになるでしょう。私は彼をKOするためにRISEに行きます」とのメッセージが読み上げられた。

 それを聞いた町田は「分かっていてももらってしまうのが居合いパンチの神髄です。きっとタイミングが合わさった時に彼は倒れると思います」と、居合パンチを防ぐことは不可能だとした。

 また、昨年は「引退」の2文字を口にした町田だが、「昨年引退を懸けて戦っていたのは、キックボクシングで食べていける道筋が見えなかったらです。それがようやく見えてきたので現役続行させていただこうと思いました。キックボクシングはやはりまだ道のりが長いなと思います。40歳、50歳になるまで続けていって僕のキックボクシングという道を歩いていきたいと思います」と、出来るだけ長く現役を続けたいと語った。

【大会・チケット情報】 6・17 RISEクリエーション「RISE 125」

●編集部オススメ

・韓国の鉄拳リーが3度ダウンを奪い王座奪取

・町田がハイキックで大月にTKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース