TOP > 試合結果

【NIPPON FIGHT】魔裟斗と五味がフルラウンドに亘る激闘

2016/12/31(土)UP

ニッポン・ファイト実行委員会
「被災地復興チャリティー NIPPON FIGHT」
2016年12月31日(木)神奈川・大さん橋ホール

魔裟斗(左)と五味(右)、夢の対決はドローに終わった

▼第5試合 メインイベント スタンディング特別ルール 75kg契約 3分5R(判定なし、勝敗がつくのはKO決着のみ)
魔裟斗(K-1 WORLD MAX 2003・2008世界王者)
ドロー 
五味隆典(久我山ラスカルジム/元初代PRIDEライト級王者、元修斗世界ウェルター級王者)

 昨年の大みそかの『NIPPON FIGHT』では魔裟斗が6年ぶりに復帰し、山本“KID”徳郁と11年ぶりに再戦。魔裟斗が2Rにダウンを奪って勝利を収めた。今大会では復帰戦第2戦でUFCファイターの五味と激突。両者は同時期に魔裟斗がK-1、五味がPRIDEで活躍しており、2009年に魔裟斗が引退2番勝負を行う際に五味が名乗りをあげたが、実現には至らなかった。7年の歳月を経て、日本を代表するトップファイターが拳を交える。ルールはスタンディング特別ルール。3分5RでKO決着のみ勝敗は決し、判定はなし。

 1Rから魔裟斗が右ローを飛ばすのに対し、距離を詰める五味が大振りの右フックを強振。右ジャブ、右ローで五味の前進を止める魔裟斗が2Rから手数を増やしていく。

 3R、距離を強引に詰める五味はボディ打ち。魔裟斗は右ローをこつこつ当て、五味の身体が流れ始める。ダメージを感じさせながらも五味は右フックを振り回す。

 魔裟斗は左インローも的確に当て削ると、5Rには五味が2度もバランスを崩しダメージを隠すように魔裟斗に組み付く。

 魔裟斗は左ミドル、ロー、右ストレートと追い込むが、五味もKO狙いの右フックを返していき終了。夢の対決はドローに終わった。

「来年はMMAでやろう」と魔裟斗にチョークを極める五味

 試合後、魔裟斗は「楽しい半年間を過ごすことができた。俺らがちょっと前の時代の格闘技を引っ張ってきたので、新しいK-1で今頑張っている若い子たちにうまくバトンタッチできれば」とあいさつ。五味は「大みそかに判定、今日だけはOKにしてください(苦笑)。ファイターとして本当に尊敬できる方と試合が出来てありがたい。来年は総合でやると思います」とMMAルールで魔裟斗との再戦をアピールした。

●編集部おススメ記事
魔裟斗が再び大みそかに戦う理由
魔裟斗と五味が初顔合わせ、ともに計量クリアー
大みそかに魔裟斗vs五味隆典、夢の対決が実現

 

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
Facebookもチェック