TOP > ニュース 一覧

【フィットネス】川村虹花「腹筋を割る方法」をハイキック写真と共にアドバイス

2020/10/07(水)UP

川村がハイキックの写真と共に腹筋が割りたい人へアドバイスを送った(川村虹花ツイッター
@NanakaKawamura3 より)

 仮面女子の川村虹花(24)がSNSで腹筋の割り方をハイキック写真を添え読者にアドバイスを贈った。
 川村はアイドル活動のほかに『RIZIN』や『DEEP JEWELS』など、総合格闘技にも試合に参戦するほかNHKの『みんなで筋肉体操』にもアシスタントとして出演経験がある。

 そんな川村だ。当然のことながら「腹筋ってどうやったら割れますか?ってよく聞かれる」と本日7日にツイート。
 その答えはシンプルで「格闘技やってたら死ぬほど腹筋使うので勝手に割れてました」と回答。

格闘技やってたら勝手に(腹筋)割れてたという、17年12月のデビュー戦の腹筋

 しかし、見た目の部分では「バキバキでも力なかったり、バキバキじゃなくても力強かったり人それぞれ。競技によってトレーニングの仕方も違うし。。ただ腹筋割りたいなら腹筋して、脂肪減らせば良いと思う」と格闘技の腹筋は格闘技の技術が伴ってこそではあるが、割りたいだけなら腹筋と脂肪燃焼と回答した。ハイキックの写真も投稿したのは「私の腹筋は格闘技のための、格闘技で鍛えた腹筋です」とのメッセージだろう。

 格闘技は突きや蹴りを放っても崩れない体軸、組み技をこらえる足腰など、全身の腹筋はもちろん、インナーマッスルが常に練習で鍛えられるため、脂肪燃焼に良く、モデルの間ではキックボクシングエクササイズが流行っているほどだ。

前日計量、水着で割れた腹筋を披露した川村(20年2月)

 実は、人間の腹筋は元々割れているが、脂肪が上から乗っているので割れていないように見えるだけだ。ジョギングで脂肪を落としても腹筋は割れる。ただ川村のいう「腹筋割りたいなら腹筋して、脂肪減らせば良い」というのは結構ボディメイクをするフィジークやボディビルダー向きで、割れ始めた腹筋にさらに負荷をかけると、腹筋の筋肉がやや大きくなり、6パックの隆起が目立つようになるのだ。

 しかし、ぽっちゃり体型から腹筋を割るには、川村が「格闘技をやったら勝手に割れていた」というように、全身運動で脂肪を燃やすことが一番だろう。腹筋だけしていても部分痩せは厳しく、体全体の脂肪が落ちていくのだ。効率よく全身運動をオススメする。現在はコロナ太りから次は食欲の秋ときている。気になる方は、まずは腹筋10回から、100メートルをゆっくりでも良いから走ってみることから始めるのも良いし、思い切って格闘技を始めるのも良いだろう。

●編集部オススメ

・仮面女子・川村虹花、割れた腹筋で計量クリアー(17年プロデビュー戦)

・仮面女子・川村虹花がキュートな水着で計量パス、”戦う指原”は川村にアイドル対決アピール

・ぱんちゃん璃奈、腹筋と動体視力アップで「自粛明けに良いパフォーマンスを」(動画あり)

・元ラウンドガールの黒咲さんが一転、筋肉系ビキニコンテストで大活躍の理由とは

・人気グラドル犬童美乃梨、美ボディコンテスト「サマー・スタイル・アワード」2冠達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧