TOP > ニュース

【ボクシング】比嘉大吾、14連続KO決着に自信「絶対に倒れる」

2017/10/13(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習で力強いミット打ちを披露した比嘉

 10月22日(日)東京・両国国技館でWBC世界フライ級王座初防衛戦を行う比嘉大吾(白井・具志堅スポーツジム)が、10月13日(金)都内にある所属ジムにて公開練習を行った。

 シャドーボクシング、ミット打ち、そして同門の元WBA世界フライ級暫定王者・江藤光喜を相手に2Rのスパーリングを行った比嘉はパワフルかつスピードある左右フック、アッパーを何度も繰り出し仕上がりの良さをアピールした。

 挑戦者のWBC世界フライ級6位・IBF世界フライ級11位トマ・マソン(フランス)については「身長が高くて(比嘉160.5㎝、マソン170㎝)、綺麗なボクシングをして崩しにくいタイプ」と警戒するが、「勝つというのは前提で、倒すための練習をしてきました。色んなコンビネーションを使って絶対に(マソンは)倒れると思います」とKO決着に自信を見せる。

(左から)具志堅用高会長、比嘉、野木丈司トレーナー

 指導する野木丈司トレーナーは「比嘉は世界に挑戦したときよりも明らかにひと回りレベルが全体的に上がっています」といい、比嘉と同じ沖縄出身の元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高会長も「チャンピンになってから練習を楽しんでいて、前回より良い試合するのでは」と期待を寄せる。

 2014年のプロデビュー以来、13戦13勝13KOとここまでパーフェクトレコードの比嘉。14連続KOなるか。

●編集部オススメ記事
・比嘉が日本人初の全試合KO勝利で世界王座奪取
・比嘉大吾、井岡一翔と「統一戦やりたい。連続KO記録も伸ばしたい」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース