TOP > ニュース

【レベルス】梅野源治、再起戦の相手は一階級上のルンピニーランカー(動画あり)

2018/05/01(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

再起戦が決まった梅野。対戦相手は一階級上のルンピニーランカーという強豪が用意された

 6月6日(水)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.56』の記者会見が5月1日(火)都内にて行われ、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者・梅野源治(29=PHOENIX)の再起戦が発表された。

 梅野は2月大会にてルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦でクラップダム・ソーチョーピャッウータイ(19=タイ)と対戦。日本人初のルンピニー王座獲得に期待がかかったが、4R55秒、TKOで敗れて王座獲得ならず。その進退が注目されていたが、現役続行を表明した。

 今回、再起戦と言えどもルンピニースタジアム認定スーパーライト級5位のピンペット(タイ)という強豪が用意された。梅野は現在ルンピニー・ライト級9位にランキングされており、1階級上のランカーとの対戦となる。契約体重は現在調整中。

 会見に出席した梅野は、「前回クラップダムにKOで負けて今回再起戦ということですが、再起戦の相手としては強豪選手が来たなという印象です。年内にクラップダムにリベンジしたい気持ちがあるので、調整試合として格下の選手をもってきても自分の中で納得が出来ない。

 強豪選手と戦って勝って、そのうえでリベンジマッチをする方がストーリーがつながると思うので、ピンペットになって僕の中でより気持ちが入る試合になったと思います。ピンペットはサウスポーなので仮想クラップダムのつもりで戦えます。お客さんには、しっかり勝って年内のクラップダムとの再戦にも勝てる、という期待感を持ってもらえる試合を見せられたらと思います」と意気込みを語った。

 ピンペットのことは「以前から知っていました」と梅野。「昨日試合が正式決定したばかりなので本格的にはまだ研究していませんが、テクニシャンの印象です。インディートーン(2017年11月に対戦し、梅野がKO勝ち)やクラップダムともやっていて、上位選手とかなりやっています。テクニシャンで首相撲でもミドルキックでも戦えて、過去に戦った相手には似たようなタイプはいません。距離感もいいイメージがありますし、一階級上なので身体がデカいですね」と評する。

 再起戦を行うのにあたり「ランキングはともかく、クラップダムのようなパンチャーかサウスポーとやりたい」とのリクエストをしていた梅野だが、「一階級上が来るとは思っていませんでした。想像を超えるような選手だったので最初はビックリしましたね」と戸惑ったというが、「これからやっていくのは強くてレベルの高い選手ばかりになっていくと思います。格下と試合をして勝って“俺、強いだろ”というのはいいとは思わない。そういう意味では条件ぴったりのやりたい相手を用意してもらえて感謝しています」と、強豪との対戦は望むところ。

梅野から2度のダウンを奪ってTKO勝ちしたクラップダム(左)。梅野はリベンジを誓う

 そしてその先にはクラップダムとの再戦を見据えている。「一番の目標はルンピニーのベルトですが、僕の中では早くクラップダムとまたやりたい。ベルトを獲ることを優先に考えるのが正解ですが、僕の性格上、負けたまま終わるのが嫌なので。クラップダムに勝ってベルトを獲るのが理想的ですが、再戦するまでにベルトを失っていてもやりたいです」と、ピンペット戦をクリアーしたら年内にクラップダムと再戦することが現在の最優先事項だという。

「僕はリベンジマッチでは負けたことがない。リベンジの機会をもしいただけるなら、結果を残してレベルスを盛り上げていけたらと思っています」とリベンジに燃えていた。

 会見に同席したコーディネーターでもあるルンピニーボクシングスタジアム・ジャパン(ルンピニースタジアムの日本支部)代表のセンチャイ会長は「6月にルンピニーで大きい大会があり、トップ選手が一同に集まります。そこで今回トップ選手を用意するのが難しかったのですが、プロモーターに頼んでルンペットをそこから抜いてもらいました」と、一階級上の相手になったのはタイ側の都合によるものだと説明。

 そして「梅野選手がピンペットに勝てばランキングが上がると思います。逆にピンペットがもし負けたら、下の階級の選手に負けたということでランキングが下がってしまうので向こうの方が危機感は上でしょう。クラップダムと梅野選手の試合を映像でルンピニーの役員がチェックして、梅野選手の評価は高いです。クラップダムの予定次第ですが、梅野選手が今度勝ったら再戦が出来る可能性はあります。タイはムエタイを世界に広めたいとの気持ちあるので、梅野選手は他の国の強い選手としてルンピニーの上層部は凄く注目しています」と、ピンペット戦をクリアーすればクラップダムとの再戦が実現する可能性は高いと話した。

●ピンペット(青コーナー)vsクラップダム(赤コーナー)の試合映像


次ページ:梅野が再起を決めた理由とヨードレックペット戦について

●編集部オススメ

・クラップダムがTKO勝ち、梅野壮絶に散り快挙達成ならず

・梅野源治が現役続行を宣言「負けたままでは終われない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース