TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】問題児で元世界王者のブローナー「ラッパーに転身する」復帰に10億円要求

2020/05/25(月)UP

ブローナー(左)のロングフックがクリーンヒット(Photo:Naoki Fukuda)

 元世界4階級制覇王者のエイドリアン・ブローナー(30=米国)。これまで男女問わず暴行や傷害など数々の犯罪行為や奇行、過激な発言でリング内外で問題を起こしているボクシング界の問題児だ。

 昨年1月に米ラスベガスのMGMグランドガーデンでマニー・パッキャオ(41=フィリピン)の初防衛戦に敗れ、同年8月には自身のInstagramアカウントで引退宣言していたが、再び復帰に意欲。アメリカのテレビ局ショータイムスポーツのスティーブン・エスピノザCEOや、ボクシング興行及び、中継番組のマネージャーである、アル・ヘイモンに対し、カムバックには1000万ドル(約10億円)が必要と、5月22日、一方的にSNSで要求している。

ラッパーに転身すると言うブローナー(@adrienbronerより)

 しかし、ヘイモンやエスピノザからの回答はなく、ブローナーは「まだ誰も1000万ドルの話にはなっていない。だから、俺はまだ引退していないと思っている。だから、これからはアルバム制作に集中して、ただのラッパーになるんだ。今はラッパーだ。彼らが俺の1000万ドルの話をするまでは、俺はリングに上がるつもりはない」とブローナーは語っている。

 ここ数年、ブローナーは音楽に深い関心を持ち、趣味でいくつものラップ曲を作ってきた。さらに、彼は知人のレコーディングにも参加しているという。1000万ドルなどブローナーにとって有利な契約ではない限り、ブローナーはフルタイムのラッパーとなる。

 ブローナーは音楽に専念するのか、それともショータイムなどに交渉に打って出ていくのか。

●編集部オススメ

・マイク・タイソン、ホリフィールド戦に前向き「助けを必要としている多くの人がいる」

・ホリフィールドも練習動画を公開、耳噛み因縁のタイソンと「戦いたい」

・パッキャオvsブローナーの試合(19年1月)

・『亀田に勝ったら1000万』暴走族総長ら迎え撃つ=1000万企画始動の日

・【フード】八重樫東が激ウマ減量レシピ「鶏ハム」を紹介、コロナ太りはこれで解消

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧