TOP > ニュース 一覧

那須川天心と朝倉未来がスパーリング、延髄斬り!? 天心が新技か(動画あり)

2020/06/12(金)UP

6月23日発売の雑誌『Fight&Life』で実現した那須川(左)と朝倉のコラボ、仮の表紙デザインだ。

 RISE世界フェザー級王者の那須川天心(21=TARGET/ Cygames)と人気YouTuberで格闘家の朝倉未来(27=トライフォース赤坂)が、お互いのYouTubeで6月11日19時よりコラボ動画を配信した。 

 朝倉未来のYouTubeチャンネルでは、那須川と朝倉のキックボクシングでのスパーリングが公開、3分のスパーリングは、編集され公開は58秒と短いが見どころの多い攻防となった。

 朝倉は普段の総合格闘技のオープンフィンガーグローブから、キックボクシンググローブに変え那須川に挑む。

那須川の新技か。朝倉の前足まで踏み込んでそれを軸足に朝倉の背後の起動で蹴る。再生タイムは7分42秒あたり(朝倉未来チャンネルより

 開始早々、朝倉のジャブにすぐにインローで反応する那須川、そして朝倉のジャブに左ハイキックを合わせる。それには朝倉も反応し那須川の軸足を刈ろうとする。

 二人のキックの探り合いの中、那須川は朝倉の前足まで踏み込んだ超接近状態から、体を倒し朝倉の背後を通る蹴りの軌道での見えにくいハイキックを蹴る。プロレスの延髄斬りの軌道といったほうがわかりやすいかもしれない。ジャンプしないキック版の延髄斬りか。

 那須川は体を倒して手をつきながらのカポエラのような蹴りで19年3月のフェデリコ・ローマ戦で見せKOしているが、あれは正面からの顎を狙ったハイキックだった。

 朝倉は肩でブロックしたが、新技を匂わせた。そこから朝倉はパンチで果敢に攻め、バックハンドブロー、飛び2段蹴りも見せるなど、常に作戦をたてて戦う多才ぶりを見せた。それにしっかりステップを使い、かわす天心も絶妙だった。
 スパー以外では朝倉が恒例のドッキリ企画で那須川を困らせていた。

那須川vs朝倉がジャンケンでピコピコハンマー対決(那須川天心チャンネルより

 一方、那須川のYoutubeでは叩いて被ってじゃんけんポンなどの3本勝負が公開され、ジャンケンで勝った方がピコピコハンマーで叩き、叩かれる側はヘルメットを瞬時にかぶるというものだが、トップ格闘家同士が勝負するそれは、緊張感ある見応えのあるものとなった。

 なお、こちらのコラボは6月23日(火)発売の格闘技雑誌『Fight&Life(ファイト&ライフ)Vol.79』(フィットネススポーツ)の企画で実現。2人のスパーリングとその後の印象、これからの格闘技界についての対談を収録している。

▼那須川天心と朝倉未来のスパーリング動画(スパー配信時間58秒)

●編集部オススメ

・朝倉未来がWBA世界王者・京口紘人とボクシングスパー「速い、マジで、さすが世界王者」(動画あり)

・那須川天心がYouTubeチャンネルを開設

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

・タイソンが元UFC王者セフードに強烈ボディブロー伝授、ボクシング超新星のガルシア戦を視野か(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧