TOP > ニュース

【RISE】シュートボクシングからの刺客・植山「殴り合いしたい」

2017/03/04(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

優吾(左)はシュートボクシングからの刺客・植山(右)と向き合っても笑顔

 3月5日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 116』の前日計量&記者会見が、4日(土)都内で行われた。

 第5試合は、今大会“裏メイン”と注目されるRISEとシュートボクシングの有力ホープ対決。RISEバンタム級4位・優吾・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)はリミット100グラムアンダーの54.9kg、SBスーパーバンタム級1位・植山征紀(龍生塾ファントム道場)はリミットちょうどの55.0kgで計量をクリアーした。

 優吾は「明日の相手はめっちゃ強いのでめっちゃ怖いけれど、練習してきたことを全て出して頑張ります」と、コメントとは裏腹にニコニコとして挨拶。対する植山は「今年一発目でRISE参戦。昨年タイトルマッチで負けてからの再起戦なので、しっかりインパクトを残して倒して勝ちます」と気合いの入った表情で挨拶した。

 植山は「東京で他団体に出場するのは初めて」だと言い、「名前を覚えてもらうために面白い試合をします。普段はSBルールで試合をしていますが、自分は投げがそれほど得意ではないので、得意の殴り合いをしたい」と、他団体で名を上げたいという。

 一方、優吾は「パンチが強くて気持ちが強くて危ないなって思った」と植山の印象を語り、「殴り合いをしたら危ないので、自分のスタイルを貫いて戦いたいと思います」と、あくまでも自分のペースで戦うとした。

●編集部オススメ記事
・SBの剛腕ホープを業師のホープ優吾が迎撃 
・植山vs内藤の大激闘 

【大会・チケット情報】 3・5 RISEクリエーション「RISE 116」
  

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
出場・参加者募集
Facebookもチェック