TOP > ニュース

【J-NETWORK】八神剣太の防衛戦、立嶋篤史の96戦目が決定

2018/03/08(木)UP

三冠経験者でフェザー級王者の八神剣太(左)が、1位の一仁(右)を相手に2度目の防衛戦

 5月6日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『J-KICK 2018~2nd~』の追加対戦カードが発表された。

 J-NETWORKフェザー級王者・八神剣太(31=レジェンド横浜)が参戦。3月大会で挑戦権を獲得した同級1位の一仁(27=MA・真樹ジムAICHI)を迎えて2度目の防衛戦を行うことが決定した。

 ノーガードなど変則的なスタイルから繰り出すパンチを武器とする八神。2014年8月のJ-NETで当時“絶対王者”と目された小山泰明に完封勝利で王座を獲得。その後2016年4月にはWPMF日本同級、2017年9月にはREBELS-MUAYTHAI同級王座を獲得しており、現在はJ-NET&REBELS-MUAYTHAIの二冠王。
昨年2月の初防衛戦では、今回の対戦相手の一仁と同じMAキック所属の宮﨑勇樹相手に試合巧者ぶりを見せ、判定3-0で初防衛を果たした。

“キックのレジェンド”立嶋(左)が96戦目を迎え、パンチャーの半澤(左)と激突

 対する一仁は名門・真樹ジムAICHI所属でMAの同級2位。昨年6月から開催された挑戦者決定トーナメントでは、1回戦で当時デビューから無敗のSHUN JANJIRAを、準決勝ではタイトルマッチ経験者の宮﨑勇樹を下し、3月の決勝戦ではパンチ力に定評のあるBRO.RYOと対戦。判定3-0で勝利し、悲願であるタイトルマッチへの切符を手に入れた。

 八神が2度目の防衛を果たし二冠王を守り抜くのか、一仁が悲願の王座戴冠となるのか。

 また、90年代に“キックのカリスマ”として人気を博した元全日本フェザー級王者・立嶋篤史(47=ASSHI-PROJECT)が参戦。96戦目となる今大会で、元プロボクサーでパンチャーの半澤信也(36=トイカツ道場)と対戦することが決定した。

J-KICK 2018~2nd~
2018年5月6日(日)東京・後楽園ホール
開場17:00 試合開始17:10(予定)
<追加対戦カード>
▼J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ 3分5R
八神剣太(レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級王者 第2代REBELS-MUAYTHAI同級王者 元WPMF日本同級王者)
vs
一仁(MA・真樹ジムAICHI/J-NETWORKフェザー級1位 MA日本同級2位)

▼フェザー級 3分3R※ヒジ有り
立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)
vs
半澤信也(トイカツ道場)

▼85kg契約 3分3R※ヒジ有り
ムハナド・アスラン(谷川道場/J-NETWORKライトヘビー級10位 J-NETWORK2016年度同級新人王)
vs
中平卓見(北眞舘)

●編集部オススメ

・八神剣太、試合巧者ぶり発揮し初防衛

・カリスマ・立嶋篤史が17歳下ホープと大激闘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース