TOP > 試合結果 一覧

【ROAD TO UFC】堀内佑馬が悔しい初戦敗退!RIZINにも参戦のトップノイの打撃に阻まれる

2022/06/10(金)UP

トップノイの左をもらう堀内@UFCより

WME-IMG
『ROAD TO UFC』
2022年6月9日(日本時間)シンガポール・インドア・スタジアム

▼フライ級トーナメント1回戦(準々決勝)
●堀内佑馬(日本)
判定0-3 ※28-29、27-29×2
○トップノイ・キウラム(タイ)
※トップノイが準決勝進出

 堀内は16歳でDEEPに参戦し、現役高校生ファイターとして注目された。米国に拠点を移しUFCを目指す新世代で、現在24歳。昨年4月の『LFA』デビュー戦で一本勝ちしたが、同7月のフライ級暫定王座決定戦でチャールズ・ジョンソンにスプリット判定負けし、王座獲得に失敗。しかし、同11月の再起戦で初回KO勝利を収めた。MMA戦績は9勝4敗。

【動画】トップノイの左フックに、堀内が体勢を崩しフラッシュダウン

 対するトップノイは200戦を超えるムエタイの経験を持ち、元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級1位。RIZINでは敗れたものの、朝倉海や中村優作と激戦を交えた。MMA戦績は7勝3敗。

 1R、ジャブとローキックを放ちながらプレッシャーをかけ続ける堀内に対し、前蹴りと左ミドルで押し返すトップノイ。堀内の蹴り終わりにトップノイの左フックがヒットし、堀内がバランスを崩しフラッシュダウンする場面が。トップノイがスタンド打撃で優勢の印象。

 2R開始1分、堀内が相手の蹴り足キャッチからトップノイの体勢を崩し、フロントチョークから流れる様に背後に回る。堀内が4の字フックの状態からチョーク、パウンドと攻め続ける。このラウンドは堀内が取った印象。

 最終3R、至近距離での打ち合いで、トップノイの左を被弾し続ける堀内だが、下がらず前にで続ける。
 残り1分半、堀内がテイクダウンに成功し、亀の状態のトップノイの背後を奪う。しかし、トップノイのディフェンスに阻まれ、堀内は目立った攻めができず、ラウンド終了。

 判定は判定3-0でトップノイが勝利。堀内は悔しくも初戦敗退となった。

▶︎次ページは【動画】トップノイの左フックに、堀内が体勢を崩しフラッシュダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】6.12『UFC 275』テイシェイラvsプロハースカ、マネル・ケイプほか生中継・放送・配信情報

・『ROAD TO UFC』トーナメント1回戦が決定!松嶋こよみら日本人8選手は初戦突破となるか=6.9-10

・【ROAD TO UFC】松嶋こよみが“コリアンゾンビの弟子”に接戦勝利!悲願のUFC契約に向けて準決勝進出

・【関連動画】120kg巨漢が放つ“死角バックスピンキック”衝撃KO!=UFC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧