TOP > ニュース

【ROAD FC】日韓20歳の新星女子対決が決定

2017/02/28(火)UP

対戦が決まった20歳同士のイム・ソヒ(左)と華 DATE(右)

 3月11日(土・現地時間)韓国・ソウル市のグランド・ヒルトン・コンベンションセンターにて開催されるROAD FC史上初の女子MMA(総合格闘技)大会『ROAD FC XX』(XX=ダブル・エックス)の追加対戦カードが決まった。

 日本から新たにDEEP JEWELSで活躍する華 DATE(はな・でいと/ Team DATE)が参戦。既に参戦が発表されていたROAD FC期待の新星イム・ソヒ(韓国)と激突する。

蹴りを繰り出す華(左)

 華はMMA、キックボクシング、シュートボクシングとジャンルを問わず試合を行っている20歳のファイター。動き回りながら繰り出す変則的な打撃を得意としており、キックボクシングのTRIBELATE女子48kg級初代王座を獲得した実績を持つ。

 MMAプロデビューは2015年11月のDEEP JEWELSで、荒木未来に勝利。その後、黒部三奈と石岡沙織のトップファイター2人に敗れると、昨年7月にROAD FCに初参戦。ここでも“女子高生ファイター”イ・イェジ(韓国)に黒星を喫して3連敗となったが、続く11月のDEEP JEWELSで山口さゆりを下し、復活の狼煙を上げた。

おしゃれなミニスカート姿のイム・ソヒ。以前、「彼女はラウンドガールか?ファイターか?」との見出しでデビュー戦が報じられていた

 対するソヒは華と同じ20歳。“武術クイーン”の異名を持ち、その端正なルックスも人気を集めているROAD FC期待の新星だ。幼少時代から中国武術を学び、高校時代の3年間は武術青少年国家代表として3年間活躍。武術青少年アジア選手権や世界ユース武術選手権などの武術大会でメダルを獲得した実績を持つ。

 その後、プロキックボクシングに転向し、韓国の女子フライ級王座を獲得。14勝5敗の戦績をあげ、2014年4月にはシュートボクシングルールRENAと対戦したこともある。昨年4月のMMAプロデビュー戦ではTKO負けを喫しており、今回がそれ以来の再起戦となる。

 ともに20歳で打撃を得意とする両者。一足先にプロのリングでトップファイターたちと拳を交えている華が経験の違いを見せつけるか。それともソヒが地元の声援を受けて、プロ初白星を上げるか。
 
●編集部おススメ記事
女子限定リーグが3・11開幕、現役女子高生ファイターら参戦
女子だけの大会へ向けてカンフープリンセスがデビュー

<決定対戦カード>

▼女子アトム級
イム・ソヒ(韓国)
vs
華 DATE(はな・でいと/ Team DATE)

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース