TOP > ニュース

【ボクシング】マクレガーがメイウェザーの目前で放った言葉が判明

2017/08/25(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

これまでも挑発合戦を繰り広げてきたメイウェザー(左)とマクレガー(右)※写真は別会見時

 8月26日(現地時間・日本時間27日)アメリカ・ラスベガスのTモバイル・アリーナで行われる、ボクシング五階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=アメリカ)との“世紀の一戦”を前に、UFC同時二階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)が、メイウェザーを至近距離で挑発した。

 23日(水)ラスベガスのMGMグランド・ホテルの劇場で行われた最終記者会見の際の「フェイス・オフ」(向かい合っての写真撮影)でのことだ。

エキサイトする両者の表情

 両者はサングラスをかけて向き合ったが、マクレガーはサングラスを外してメイウェザーの目を間近で覗き込むようにして、「ブンッ! お前は頭からマットに沈む。そして俺が新ボクシング王(New King of Boxing)だ」と言い放ったのだ。これに対し、メイウェザーは無表情のまま「お前はコメディアンだ」と、ボソリとつぶやいた。だが、はらわたが煮えくり返っていたかもしれない。

 当初テレビやネットで世界に配信された会見全体の映像では、マクレガーがメイウェザーに何かしら言い続けていることしか分からなかったが、デイナ・ホワイトUFC社長が至近距離から2人を捉えた映像を25日ツイッターにアップし、それで両者の交わした言葉が判明した。

メイウェザーの頭に手を置いて挑発するマクレガー

 その後、正面を向いての撮影になると、マクレガーは「ブルース・リーだ」と言いながら腰を落とし、左手を前に低く突き出し、いつもの変則的な構えを見せた。

 最後に両者が再び向き合うと、マクレガーはメイウェザーの目を見据えたまま、「グッドラック(幸運を祈るぜ)」と言い、メイウェザーも「グッドラック・トゥ・ユー、トゥ(お前にも幸運を祈るぜ)」とクールに応じ、両者は別れた。

 対決まで数日と迫る中、両雄の“決闘”ムードがますます盛り上がっている。この試合は、日本ではインターネットテレビのDAZN(ダ・ゾーン)で生放送される。

All Photo(C)DAZN

●編集部オススメ記事
・マイク・タイソン「マクレガーはメイウェザーにブッ殺される」
・メイウェザー引退試合の相手が「マクレガーならKO勝ち出来る」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース