TOP > ニュース 一覧

【K-1】”超新星”斗麗、K-1で2戦目の篠塚辰樹と激突「僕が目指しているのは世界最強。絶対盛り上がる」

2021/07/31(土)UP

斗麗(左)と篠塚(右)が対戦する

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜』の第一弾対戦カード発表記者会見が、7月31日(土)都内にて行われた。

 K-1フェザー級(57.5kg)ワンマッチで、斗麗(18=とうま/WIZARDキックボクシングジム)と篠塚辰樹(23=MASTER BRIDGE SOUND)が対戦する。

 斗麗はオランダの名門Mike’s Gymで練習を積み、16歳にして18年12月のKrush後楽園大会でプロデビュー。左右にスイッチするテクニシャンぶりを見せつつ、ヒザ蹴りやパンチの技術でも相手を圧倒し、6戦6勝(3KO)無敗でKrushの王座戦に臨んだが、再戦となった新美貴士に判定負け。今年の5月のK-1では亀本勇翔に判定勝利して再起を果たしている。

左右どちらでも鋭い打撃が打てる斗麗(左)

 斗麗は「みんなから求められているものやポジションは自分が一番分かっているので、ここをしっかり勝って、僕の夢は世界チャンピオンになることなので、K-1のベルトを狙うからにはここで負けられない。しっかり勝って次に繋げます」との意気込みを語る。

 対戦する篠塚については「素晴らしい選手」と評しながらも「僕が目指しているのは世界最強なので、しっかり勝ちます。篠塚選手と試合したら絶対盛り上がると思うので、楽しみにしておいてください」と必勝を誓う。さらに、篠塚のボクシング仕込みのパンチには警戒しつつ「ガードして返していきます」とディフェンス後の返しで対抗する構えを見せた。

高いボクシングスキルが魅力の篠塚(右)

 対する篠塚はアマチュアボクシングではインターハイ・ベスト8に輝き、プロボクシングでも3勝(2KO)1敗の成績を残して、キックボクシングに転向。RISEのリングでキャリアを積んでいたが、21年3月にK-1に電撃参戦。小澤海斗と対戦して、K-1初戦を勝利で飾った。今回はK-1で連勝を目指す戦いとなる。

「今回も大きい会場で試合が出来るので、入場からぶちかましに行こうと思っているのでよろしくお願いします」と意気込んだ篠塚。前回のK-1デビュー戦で、小澤海斗に勝利したものの、倒して勝てなかったことについて「悔しかった」という。

 怪我をしていた右の拳は、今回の試合に向けて完治させるといい「9月はフルパワーで殴れると思います。この前見せられなかった色んな技術を出していければいいなと思います」と得意のパンチを含むバリエーションを見せるつもりだ。最後には「倒して勝ちたい」とKO勝利に意欲をのぞかせた。

■対戦決定カード

▼スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
斗麗(日本/WIZARDキックボクシングジム)
vs
篠塚辰樹(日本/MASTER BRIDGE SOUND)

●編集部オススメ

・【K-1】ウェルター級王座戴冠へ、野杁正明と安保瑠輝也が決勝での対戦誓う「強いだけじゃ一般層には響かない」(安保)=9.20横浜・王座決定T

・【K-1】篠塚辰樹、小澤海斗と延長スプリットの激戦を制す

・【Krush】野杁正明と安保瑠輝也が白熱エキシ=写真あり

・【Krush】斗麗、英雄伝説世界王者の伊澤波人に圧巻の1RKO勝利

・【K-1】ゆきぽよ、初ラウンドガールはピンクのミニとウエストちら見せでリングを回る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧