TOP > ニュース 一覧

【スックワンキントーン】”強すぎる”福田海斗が体重ハンディキャップマッチ、階級上の王者・佐野貴信と対決

2021/10/27(水)UP

カイト(左)がRISEでも活躍する佐野貴信(右)と体重ハンディマッチ

 11月14日(日)東京・新宿FACEで開催される『スック・ワンキントーン IN shinjuku face』の全対戦カードが発表された。

 カイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/22=キングムエ)が参戦し、今回で4大会連続でメインを務める。一階級上のWMCフェザー級王者・佐野貴信(26=創心會)と体重ハンディキャップマッチを行う。

 体重ハンディキャップマッチとは、ムエタイ本場・タイで、強すぎるがゆえに同じ体重では対戦相手がいない選手が行う試合形式。ルンピニー・スタジアム4階級王者・センチャイの試合などで見られる。
 今回カイトはスーパーバンタム級(55.34kg)で計量を行うが、相手の佐野は自身の階級であるフェザー級(57.15kg)にて計量を行う。

相手の額をカットし、笑顔で追撃しTKO勝利する福田

 カイトはタイのリングで活躍を続ける一流ファイターだ。現在まで70戦以上のキャリアを誇る。19年9月には当時ルンピニースタジアム認定スーパーフライ級王者のルンナライ・ギャットムー9を3R KOで下し激震を走らせた。

 今年6月大会では、前WPMF世界スーパーフライ級王者・片島聡志に判定勝利。続く7月大会ではヒジで切り裂き2R TKO勝利すると、10月にはタイのTVマッチ『MAXムエタイ』55kg級王者に手堅く勝利といずれも勝利を勝ち取っている。

パンチを効かせてから、ミドルやヒザで仕留める佐野

 相手の佐野はRISE、REBELS、新日本キックのリングに参戦。RISEではランカーとして活躍を見せ、19年にWMC日本フェザー級王座を獲得。前戦は今年9月で、国内4冠王の竹内将生に延長判定で敗れた。

 佐野はSNSで「なんかやだけどまぁ貰えるもんは貰っとこう」と、恐らくは体重ハンディキャップについて言及。貰うとは体重差のことか、それとも体重差を生かして勝ち星を奪いに行くか。
 カイトは階級差についてはSNSではとくに言及なし、2kg差をものともしない試合を見せるか。


強烈なヒジ打ちをヒットさせるジュライ(左)

 またセミファイナルでは、石井一成の甥であるジュライ・ウォーワンチャイ(石井寿来/16=ウォー・ワンチャイプロモーション)が出場。51kg契約でTOMO(37=K CRONY)と対戦する。

 ジュライは中学生の頃から本場タイのリングで腕を磨く16歳。今年3月にはKROSSxOVERで行われた「KROSS×OVER選抜vsウォーワンチャイプロモーション軍 5vs5対抗戦」の次鋒として登場し、藤井昴に2R KO勝利。6月のスック・ワンキントーンではスック・ワンキントーン・フライ級王者の細田昇吾とのワンマッチに挑んだが、僅差の判定で敗れた。
 前戦は7月のBOMで、判定勝利しWMC日本フライ級王座を獲得。王者となって初の試合となる。

 対するTOMOはフライ級で頭角を現している37歳。今年9月には日本人8人目のラジャダムナンスタジアムミニフライ級王者の竜哉・エイワスポーツジムと戦い、判定負けしている。

 他、第8試合ではMAフライ級王者の響エイワスポーツジム(17)が参戦し、スダ456(35=bring it on)とスーパーフライ級戦を行うなど、若き軽量級のムエタイ戦士たちの活躍が見られる。

<全対戦カード>
▼第10試合 メインイベント 3分5R ハンディキャップマッチ
スーパーバンタム級 カイト・ウォーワンチャイ(キング・ムエ/元WPMF世界フライ級王者、元プロムエタイフライ級王者、元トゥルーフォー・ユー スーパーフライ級及びバンタム級王者)
vs
フェザー級 佐野貴信(創心會/WMCフェザー級王者)

▼第9試合 セミファイナル 3分3R 51kg契約
ジュライ・ウォーワンチャイ(ウォーワンチャイプロモーション/WMCフライ級王者)
vs
TOMO(K CRONY)

▼第8試合 3分3R スーパーフライ級
響エイワスポーツジム(エイワスポーツジム/MAフライ級王者)
vs
スダ456(bring it on) 

▼第7試合 3分3R 67kg契約
誠(レンジャージム/元WMCウェルター級王者)
vs
吉田敢(bring it on) 

▼第6試合 3分6R 59kg契約
角谷祐介(ネクストレベル渋谷)
vs
HIROTO(エイワスポーツジム)

▼第5試合 3分3R 55kg契約
義由亜JSK(JSKキックボクシング)
vs
慧(真樹ジムオキナワ)

▼第4試合 3分3R バンタム級
SHU(D-BLAZE)
vs
大西竜輝(LEGENDジム)※デビュー戦

▼第3試合 3分3R 65kg契約
岡田彬宏(ラジャサクレックムエタイジム)
vs
小林司(sports24)

▼第2試合 3分3R 62kg契約
堀内代輝(T.sキックボクシング)
vs
近藤拓(sports24)※デビュー戦

▼第1試合 3分3R フライ級
吉松裕希(ネクストレベル渋谷)※デビュー戦
vs
恒星(LEGENDジム)※デビュー戦

▼オープニングファイト2 1分30秒 3R
スックワンキントーン サマックレン45kgタイトルマッチ
チャンピオン
コウシ・ウォーワンチャイ(ノーナクシン東京)
vs
青コーナー 挑戦者
秋田巴琉(キング・ムエ)

▼オープニングファイト1 1分30秒 3R
スックワンキントーン サマックレン女子46kgタイトルマッチ
赤コーナー
押川香菜(ウォーワンチャイプロモーション)
vs
青コーナー
秋田芭菜(キング・ムエ)

☆この大会のスケジュール、チケット情報など

●編集部オススメ

・吉成名高がRIZIN 4連続KO勝利、その強さとは! 那須川天心戦を”肘なしでもいい”と熱望

・【ムエタイ】現役高校生・福田海斗、現役ラジャダムナン王者を破る快挙達成=15年

・【ONE】ペトロシアンを失神KOしたスーパーボン「ムエタイこそ世界最強」マクレガーとの対戦にも自信

・ぱんちゃん璃奈と渡辺華奈が春麗コスプレで激突、まさに破壊力抜群

・美人空手家・長野じゅりあ、ビキニ姿でライダーキック! 全国大会出場に意欲も=週プレグラビア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧