TOP > ニュース

【RIZIN】“神童”那須川天心がMMAに初挑戦決定

2016/12/14(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

キックで17戦無敗の那須川がMMAに初挑戦することが電撃的に発表された

 12月29日(木)、31日(土)さいたまスーパーアリーナ にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』の記者会見が、12月14日(水)都内で行われた。

 この記者会見にて、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISEバンタム級王者・那須川天心(チーム天心)が29日大会でMMA(総合格闘技)ルールに初挑戦することが電撃発表された。

 那須川は2014年7月にプロデビューし、18歳の高校生でありながら無敗の快進撃。12月5日にはヒジ打ち・首相撲ありの純キックボクシングルールに初挑戦し、ムエタイ最高峰ルンピニースタジアムの現役王者をバックスピンキック一発でKOするという離れ技を演じた。戦績は17勝(13KO)無敗。

 高田延彦RIZIN統括本部長は、「昨年も出場して欲しいとの声があった。1年越しの想いが今日成就しました。キックで目指すところはまだまだあるが、MMAでもメジャーのベルトを腰に巻いて、MMAとキックの2つの刀で格闘技界の二刀流を目指して欲しい。野球は大谷翔平、格闘技は那須川天心と言われるくらい、十分そこへ辿り着けると思う」と絶賛。

 那須川は「この間の試合で怪我もなく終わって、前からRIZINさんにお話をいただいていたのでMMAに挑戦することになりました。無謀かと思う人もいると思いますが、僕はいい試合をする自信があるのでしっかりと練習してMMAに挑みたい。(キックとMMA)両方しっかりとやって、両方を背負って僕が格闘技を背負って行きたいと思っています。いま格闘技界はあまりメジャーではないですが、僕が活躍することによって格闘技と言えば那須川天心と言われるようになりたい。格闘技の未来を僕が変えたい」と宣言。

 MMAの練習は「まだ5回くらい」だと言い、ONE世界ストロー級王者・内藤のび太らを擁するパラエストラ柏で練習を積んでいるという。「キックにはない動きで新しい感じで楽しい。今は自分から仕掛けるよりはタックルを切ったり、打撃からの攻撃を練習しています。MMAは自分のスタイルに合っていると思います」と、自信を見せた。

 対戦相手は後日発表となるが、「怪我さえなければ毎月(キックとMMAで)試合をしていきたい。体重は何kgでもいいです。相手も誰でもいい」と大物ぶりを発揮。

 なお、所属名はTARGETではなくチーム天心となる。

●編集部オススメ記事
・那須川がバックスピンキックでルンピニー現役王者を1RでKO
・那須川天心、圧巻の秒殺KO

【大会・チケット情報】 12・29 RIZIN FIGHTING FEDERATION「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND」
 
【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FIGHTING FEDERATION「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント Final ROUND」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース