TOP > ニュース 一覧

パッキャオが答えた”若さ保つ”オススメ&タブーな食べ物ベスト3

2022/05/28(土)UP

パッキャオがおすすめ&タブーな食材を語ってくれた(21日 都内)。

 ボクシング世界6階級制覇王者で昨年引退したマニー・パッキャオ(43=フィリピン)が先週末にチャリティイベントのため来日。都内で個別取材に応じた。
 この歳になっても現役の最前線で戦ってきたパッキャオ、イーファイトがパッキャオに質問したのは、アンチエイジングについて。中高年になっても元気でいるため、食の観点から自身が積極的に食べる物、食べてはいけない物ベスト3を聞いた。

 まず、積極的に食べるものについてを中心に紹介したい。一番最初にあげたものは「野菜」と答えた。これはアスリートにとっては必須の食材だ。

ある日のパッキャオの食事。魚と野菜とチキン、パッキャオの食卓には必ずと言っていいほどある野菜チキンスープ「ティノーラ」やバナナが見られる(@PhilippineStarより)

 とくに野菜農家に育ったパッキャオにとって野菜を美味しく食べる知識はあるだろう。
 ある日のパッキャオの食卓をSNSで見てみると、主食のライスに白身魚の塩焼き、または甘酢あんかけ。フィリピンの野菜チキンスープ「ティノーラ(ティノランマノック)」、ブロッコリーやアスパラガスをボイルしたものや、果物にはバナナが置かれていた。

 ティノーラはSNSのパッキャオの食卓ではよく見かけた。鶏肉、青パパイヤ、玉ねぎ、栄養豊富なモリンガの葉に、生姜、にんにく、ナンプラーで風味をつけたものだ。日本ではパパイヤの代わりに冬瓜やダイコン、モリンガに代わってはチンゲンサイやブロッコリーでも良いだろう。筆者がネットのレシピに合わせ作ってみるととても美味しい。日本風にいえば鶏肉と野菜のチキンスープだ。ヘルシーで減量にも良さそうだ。

ティノーラを筆者が自作。とても美味しく食べられた。粉末の鶏がらスープに鶏胸肉、ブロッコリーなどを入れた。生姜、ニンニクをすりおろし、ナンプラーが自宅に無いため、牡蠣しょうゆで代用

 2番目には魚だと語る。魚は高タンパク質で脂にはEPAやDHAが含まれ、血液サラサラ効果から、動脈硬化を防ぎ、中性脂肪を低下させるなど、さまざまな作用を持っている。

 3番目は紅茶。紅茶は日本茶と同じ葉から作られ葉が発酵して茶色くなったものが紅茶。日本茶同様にカロリーはほぼゼロで抗酸化作用のあるポリフェノール(カテキンなど)が含まれ、健康効果としては日本茶と紅茶は大きな差はないとされているが、一部研究では、発酵を経て発生する紅茶ポリフェノールには血糖値を抑制し、また肌の老化を促す糖化を抑制するなどの効果も見られるという。

▶︎次ページは「食べてはいけないベスト3」

●編集部オススメ

・パッキャオ、42歳 バキバキの筋肉で計量パス=昨年8月

・パッキャオが来日、6.7井上vsドネア戦の予想も語る

・パッキャオに謎の”激痛”トレーニングの真相を聞いた

・藤あや子に聞く、還暦と思えぬ”ビキニ”美ボディを作ったキックボクシングと食事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧