TOP > 試合結果 一覧

【武林風】”少林寺”戦士のハイキック秒殺KO!このシーンに”戦意喪失か八百長か”ファンの声

2021/11/09(火)UP

少林寺戦士イー・ロン

 10月30日に行われた大手格闘技イベント『武林風』(中国・海花島)のキックルール80kg級で、”少林寺ファイター”として人気の元武林風世界王者イー・ロンが3年ぶりにリングに復帰、モロッコ人ボクサーのアヨブ・ファイズに2度のダウンを奪い、わずか40秒でKO勝利した。
 メインイベントとしてはあまりにも呆気ない勝利に本人もやや呆然気味。会場も物足りない様子だった。さらに映像では角度的にハイキックがヒットした瞬間、相手の手に当たっているように見えたため、SNSでは、弱すぎる選手の戦意喪失、さらには八百長疑惑の声まで上がった。

【動画】このハイキックをどう見る? イー・ロンのKOシーン

 前戦(18年11月)はK-1でも活躍したチェ・ホンマンに、1R9分の試合に5分過ぎでKO勝ち。今回のKOは秒殺だった。
 試合は、ロンが開始からジャブを打つ相手に右ローキックを蹴ると開始5秒で早くもダウン。立ち上がると相手が再びジャブ、接近すれば左ボディを放つも、ロンの左ハイキックでたまらずダウン。10カウントで起き上がれずロンのKO勝ちとなった。

チェ・ホンマンを後ろ蹴りでKOするイー・ロン=18年11月

 ロンは試合後に物足りなさを語り、更に強い相手と戦いたいとの思いを示唆した。中国メディアによると、ホンマンにKO勝利した後はタイソンやメイウェザーと戦いたいと言っていたようだ。それもコロナ禍もあり実現せずに3年が経過、そして今回の復帰戦となった。世界のスター選手と戦いたいロンにとってはスパーリングにもならない内容だった。

 試合後、SNSではこの動画が拡散され、視聴者は「復帰戦にぴったりの相手だったな」と皮肉ったり、ハイキックが顔に当たっていないと見えるため、前述の通り戦意喪失の声や、八百長を疑う声も多々あった。
 ロンについては、K-1で活躍したブアカーオと戦い判定勝利したとき、中国のホームタウンデシジョンと強く非難されたことがあったが、それも影響しているかもしれない。ロンは持ち前の打たれ強さは評価されたが、強打、手数ともにブアカーオが優勢という印象だった。
 しかし、今回の試合を見ると大きな実力差のときによくある戦意喪失にも見える。今回の相手アヨブ・ファイズを調べてもボクシングの公式記録が見つからないため、地域で非公式戦に出ていた程度の選手なのではないだろうか。

 ようやく復帰したロンだが、これを皮切りに次戦はもっと強い相手に期待したい。

▶︎次のページは【動画】このハイキックどう見る? イー・ロンのKOシーン

●編集部オススメ

・少林寺の武僧が圧倒的体格差をものともせずチェ・ホンマンをKO

・【動画】衝撃の“完全失神”バックスピンキックKO!「何度も再生した、最高に美しい」と驚嘆の声=海外MMA

・90kg超の巨漢が舞う戦慄の48秒“竜巻旋風脚”KO劇!「相手が壊されてる!」と驚愕の声

・朝倉未来がオーディションで“ガチ喧嘩モード”!相手の髪を掴んで馬乗り状態で圧倒「そんなんで応募してくんなよって話」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧