TOP > 試合結果 一覧

【ムエタイSF】福田海斗またも快挙、クマンドーイからダウン奪う判定勝利でIMSA世界王者に

2022/04/27(水)UP

クマンドーイからダウンを奪ったカイト(右)

MuayThai Super Fight
『Suk Wanchai MuayThai Super Fight』
2022年4月24日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

▼第11試合メインイベント(本戦)日タイ国際戦 IMSA世界スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
●クマンドーイ・ペッティンディーアカデミー(タイ/ラジャダムナンスタジアムスーパーフライ級王者、True4Uスーパーフライ級王者)
判定0-3 ※48-50、47-49×2
◯カイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/キング・ムエ/元プロムエタイ協会フライ級王者、元True4Uスーパーフライ級&バンタム級王者、元WPMF世界フライ級王者)
※カイトが新王者に

 ムエタイビッグイベント『Suk Wanchai MuayThai Super Fight』のメインイベントで、現ラジャダムナンスタジアム&True4Uスーパーフライ級王者のクマンドーイ・ペッティンディーアカデミーとカイト・ウォーワンチャイ(福田海斗)が対戦し、カイトが初回右フックでダウンを奪取、その後も激しい撃ち合いを制し判定勝利を収めた。
 カイトは2019年大会(vsルンナライ戦)に続き、またしても現役王者を下しての殊勲の星を挙げ、IMSA(国際ムエタイスポーツ協会)世界スーパーバンタム級王座を獲得した。

カイト(右)とクマンドーイのワイクルー

 クマンドーイは今回2度目の来日。前回2020年大晦日に開催された『RIZIN.26』で那須川天心選手と対戦、判定で敗れたとは言え体格差をものともせず強烈なパンチとミドルキックで場内を沸かせた。

 その後、ペッティンディープロモーションへ移籍し、昨年10月には現True4Uスーパーバンタム級王者ディーゼルレックに2ポンドのハンディ(クマンドーイ121ポンド、ディーゼルレック123ポンド)を与えながら判定勝利、今年1月には121ポンド契約で元ラジャ王者プーンコンに圧勝。
 先月10日には115ポンド(スーパーフライ級)まで落として王者ペットシラー・ウォーウラチャーとのラジャダムナンスタジアム&True4Uスーパーフライ級タイトルマッチを制し、現在115ポンド~122ポンドあたりでは正真正銘のトップと言っても過言ではないだろう。

 一方、カイトは先月、約2年ぶりにラジャダムナンスタジアムのリングに登場。スーパーバンタム級の上位選手であるファープラタンと対戦したが、久々のタイのリングということもあって精彩を欠き判定負け。

 この両者の調子、具合もあり、戦前の予想はクマンドーイを推す声が多かった。とはいえ、日本国内での試合ということもあり現地の試合前賭け率は2-1とそれほど差がないものとなっていた。

 試合は、両者ワイクルーの後ゴング。カイトはいきなり距離を潰してクマンドーイに接近、ジャブからローのコンビネーション。若干面食らったクマンドーイ、コーナーを背負って前蹴りで牽制。意表をついた2段蹴りも繰り出すがカイトは落ち着いてガード。なおもプレッシャーをかけるカイトに対しクマンドーイはスピードの乗った左ミドルをヒットさせる。しかし、右ストレートを打ちにいった瞬間、カイトの右フックがカウンターでヒット!転げるようにクマンドーイがダウン。すぐ起き上がったものの、ややぐらついている様子。

 再開後、カイトはすぐコーナーに追い詰め両者撃ち合いに。場内は騒然となり、必死に前蹴りと左ミドルで凌ぐクマンドーイだが常にロープに詰められ防戦一方。ゴングに救われる形となったが、タイ側セコンドも大慌てでクマンドーイの介抱に。

ミドルキックで攻めるクマンドーイ

 この試合は世界王座戦ということでインターバルは2分間、充分に回復したクマンドーイは2Rから怒涛の反撃を見せる。左フックでガード越しに爆音を轟かせ、ヒジを振るう。カイトもヒジで応戦し危険なヒジの攻防に。パンチの数はクマンドーイが上回っているものの、カイトは下がることなくコツコツとローを返していく。

 3Rもクマンドーイの剛腕は衰えずカイトを襲う。下がってはいないものの、徐々にガードを固めるのみとなり印象の悪いカイト。クマンドーイは重いパンチからミドルのコンビネーション、そして左フックがついにクリーンヒット!グラつくカイトに追い討ちをかけ仕留めようとするもカイトは踏ん張りローを返す。後半、クマンドーイの足がローで流れるようになりややダメージがあるか。

 そして勝負の4R、早々に仕掛けたのはカイト。クマンドーイがパンチを打つ前にプッシュしてローキック。ロープに詰まったところへ左の縦ヒジ一閃!これでクマンドーイはカットし流血。ピンチを悟ったクマンドーイはここから鬼の形相で左右フックを強打、これにカイトも呼応しフックの相打ちで場内は最高のボルテージへ。カイトが左フックを当てたところでレフェリーが試合を中断し、クマンドーイの傷のドクターチェックへ。幸い、すぐに再開したもののクマンドーイの劣勢は明らかだ。
 カイトは前進を止めることなくパンチを打ち続け組んでもクマンドーイのあごを上げさせる。しかし、クマンドーイのミドルの威力はここでも落ちずカイトもクリーンヒットを許してしまう。

カイトがIMSA世界スーパーバンタム級王者に

 最終ラウンド、ポイント的にはややカイトが優勢か。クマンドーイも必死で強打を振るうがカイトは下がることなく距離を潰しクマンドーイに連打を許さず、後半はムエタイの定石通り前蹴りで距離を取りポイントアウトし、試合終了。ジャッジの採点は3-0でカイトが現役王者をまたしても下すという快挙を成し遂げた。

 この試合はタイの有名ムエタイ情報サイト『ムエデット789』で生中継されていたため、直後からタイのムエタイファンや関係者から驚きを持って受け止められ、現地で大きな話題となった。
 IMSA世界スーパーバンタム級王者となったカイト、同協会ランキング委員会委員長のスパサック氏は今後のカイトの予定について「現在、ラジャダムナンスタジアムのスーパーバンタム級王者ペットセンセーブはギャットペット系列のため、交渉次第ではあるが王座戦の話をする」と話した。今後の動きに注目が集まる。

▶︎次ページは、ジャオスアヤイvsTAKERU

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・那須川天心と戦ったクマンドーイと福田海斗の一戦が世界王座戦に決定

・【ムエタイSF】K-1で活躍のジャオスアヤイが再来襲、TAKERUとムエタイルールで激突

・【ムエタイSF】タナデーvs國本真義が決定、4年ぶり復帰の山田航暉は老沼隆斗と対戦

・【ムエタイSF】“グリーンモンスター”緑川創、小原俊之と得意のムエタイルールで激突!

・【ムエタイSF】タイの才色兼備ファイターが初来日でIMARIと対戦、真吾YAMATOはタイ人強豪選手と激突、16歳若手対決も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧