TOP > ニュース 一覧

【RISE】元王者・森田崇文と対戦する松倉信太郎「打倒ボブ・サップのためにも負けられない」

2019/02/02(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

松倉(左)と森田(右)のミドル級対決

 2月3日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 130』の前日計量&公開記者会見が2日(土)都内で14:00より行われた。

 RISEミドル級3位・松倉信太郎(27=TRY HARD GYM)は69.95kg、元RISEミドル級王者・森田崇文(31=フリー)は69.90kgでミドル級リミットの70.0kgをクリアー。

 両者は昨年6月の幕張メッセ大会で対戦が決まっていたが、森田が4月に中国の『クンルンファイト』で右尺骨を骨折して欠場。対戦が流れた経緯があり、約8カ月ぶりの仕切り直しでの対戦となる。

 松倉は2009年のK-1甲子園で王者となり、K-1・Krushを主戦場にキャリアを重ね、2012年にはKrush YOUTH GP 2012の70kg王者に。昨年6月から舞台をRISEに移し、第2代ライト級王者のイ・ソンヒョンと対戦したが、延長の末、判定負けを喫したがその後2連勝と波に乗る。

「個人的には減量がきついのですが、計量の時にたくさんの人に見てもらえると(体重を)落としてよかったと思えます。会見で掴み合ったりとか全然なくて本当申し訳ないんですけど、そんなキャラでもないので(笑)。本当に明日頑張るだけなのでしっかりやります」と笑顔でコメントした。森田については「大きいなと思いました」ひと言。

 またSNS上でボブ・サップとの対戦を視野に入れているとのコメントがあったが「チャンスがあったら本当にやりたい。元々は小さい人が大きい人を倒しているのを見てきて、自分もそんな存在になりたくて。大きい選手といったらボブ・サップなので。そのためには、日本で1番強くならないと全然話にならないと思う。そのためにも負けられない」と、本気で打倒ボブ・サップを目指したいと話した。

 対する森田はレスリングで培ったフィジカルの強さを武器に、2011年7月に小宮由紀博をKOし、RISEミドル級王座を獲得。その勢いで『K-1 WORLD MAX 2011 -70kg Japan Tournament』に出場し第3位となった実績を持つ。

「松倉選手がどのくらい強いかは分からないですけど、僕は減量はラクでした。僕も噛み付かないキャラなので松倉選手には申し訳ないって感じですけど(笑)」と話し、「正々堂々といい試合をすることを念頭において全力でぶつかっていきたいと思います」と激闘を予感させるコメント。

 計量時には「松倉選手は目を合わせてくれると思っていたが、合わせてくれなかったので恐怖感をおぼえました」と独特な印象を持ったようだった。

 勝者は現在空位となっているRISEミドル級王座に間違いなく王手をかけることになる一戦。新たなるミドル級の主役となるのは松倉か、森田か。

【大会・チケット情報】 2・3 RISEクリエーション「RISE 130」

●編集部オススメ

・打倒ボブ・サップを狙う松倉信太郎が森田崇文と仕切り直しの初対決

・【RIZIN】松倉信太郎が豪快KOで盛り上げる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧