TOP > ニュース

【ライフ】命を守る食材とNGな食習慣、最強の食事術がリリース

2018/08/09(木)UP

がん、 心疾患、 脳卒中、 認知症、 肥満は自力で防ぐ。 アンチエイジングの権威・Dr.白澤が説く「病気にならずに健康寿命を延ばす食事術」決定版!『図解 名医が教える 病気にならない最強の食事術』発売された。

アスリートの方は糖質とタンパク質、ミネラル、脂質等、普段からバランスよく摂取し、運動前は果糖などの糖質を摂取する必要があるが、普段あまり運動しない人だと食事がつい糖質や脂質ばかりが栄養の円グラフのバランスから抜きん出てしまう。

ポテトチップスやインスタントラーメン、コンビニ弁当などは野菜などのミネラル分が少なく油と糖質、塩分がどうしても多くなる。

人生100年時代、生涯現役を実現することは大切だが、近年、 平均寿命は延びても健康寿命との差が広がっている現実がある。健康寿命には毎日の食事が大きく関係し、 「健康寿命を延ばす食事」を取り入れ、 「健康寿命を縮める食事」をいかに減らすかがカギ。

本書は、 健康寿命の権威・白澤卓二医師監修のもと、 食を見直し、 健康で長生きできる体を手に入れるための最新の食事術をまとめた一冊となっている。

◆目次◆
はじめに キッチン・ルネッサンス・トゥ・江戸時代
Part1 命を守る食の新常識! いままでの常識を見直す正しい食事術
・糖質の摂りすぎは記憶力を低下させる
・むやみな減塩はかえって病気を招く
・「一日30品目食べよう」はもう過去の話だった
・電子レンジでの加熱は老化物質が増える
etc. 
Part2 厳選! 医師が教える「命を守る最強の食材12」
・トマト⇒リコピンの抗酸化力でがんを寄せつけない
・ブロッコリー⇒発がん物質を解毒するスルフォラファン
・りんご⇒ペクチンが肥満を防ぎ、血管を強化
・卵⇒一日2~3個は食べてもOK! 
・アボカド⇒ギネス認定! 栄養価No.1 果物
・梅干し⇒梅リグナンの活躍で胃がん予防に! 
etc. 
Part3 組み合わせが大切! 「食材・食品の足し算」で体の不調を未然に防ぐ
・パン+オリーブオイル⇒血糖値の急上昇を抑える
・味噌+わかめ⇒高血圧を抑制する
・青魚+にんにく⇒動脈硬化&血栓を防ぐ
・鶏肉+レモン⇒骨を丈夫にし、寝たきりを防ぐ
・鮭+チーズ⇒脳の老化を防ぐ
etc. 
Dr.白澤に聞きました! 健康長寿になるための健康常識のウソ?ホント?

【本書の概要】
『図解 名医が教える 病気にならない最強の食事術』
監修:白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長 お茶の水健康長寿クリニック医院長)
扶桑社ムック AB判 
定価:本体900円+税
発売日:株式会社扶桑社
ISBN:978-4-594-61309-9

【著者プロフィール】白澤卓二(しらさわ・たくじ)

医学博士。 白澤抗加齢医学研究所所長。 お茶の水健康長寿クリニック院長。 米国ミシガン大学医学部神経学客員教授。 1958年神奈川県生まれ。 千葉大学医学部卒業、 同大大学院医学研究科博士課程修了。 東京都老人総合研究所病理部門研究員、 老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダー、 順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授(2007年~15年)を経て、 現職。 専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、 アルツハイマー病の分子生物学、 アスリートの遺伝子研究。 著書、 監修所、 訳書はベストセラー多数。

 

 

●編集部オススメ

・【ライフ】 “空手界のきゃりー” 植草歩の前歯が復活! 緊急時の歯の対処法とは?

・【コラム】格闘技の減量はダイエットに有効?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > ニュース