TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】モトヤスック、左フックで初回一撃KO勝利!瀧澤博人は右ハイキック、内田雅之は回転ヒジ打ちで劇的勝利

2021/05/29(土)UP

内田(右)が右のパンチをヒットさせる

▼ライト級3分3R
◯内田雅之(ジャパンキック ライト3位・元日本フェザー級王者/KICK BOX)
TKO 3R 3分00秒 ※右回転ヒジ打ち
●興之介(同級4位/治政館)

内田のこの回転ヒジ打ちが決まり、3分丁度でTKO勝利

 内田はパンチのテクニックや左右のローを武器とする元日本フェザー級王者の肩書を持つ大ベテラン。対する興之介は、切れ味鋭い蹴り技を持ち味とする同級4位。

 長い距離のミドルを多用する興之介に、内田が1Rに右フックでダウンを奪う。2Rには右ストレートでダウンを追加。

 さらに、3Rに内田がタイミング良く右フックをヒットさせて3度目のダウンを奪う。このまま終了かと思われたが、内田が3分00秒丁度で右の回転ヒジ打ちを興之介にクリーンヒット。興之介が吹っ飛んで倒れて、額のあたりから大出血。レフェリーが試合をストップし、内田が衝撃TKO勝利を飾った。


▼55kg契約3分3R
◯義由亜JSK(治政館)
判定3-0 ※三者とも30-28
●中島大翔(GETOVER)

▼ウェルター級3分3R
●山内ユウ(ROCK ON)
判定0-3 ※三者とも27-30
◯正哉(誠真)

▼女子ピン級2分3R
◯藤原乃愛(アマチュアKNOCK OUT女子45kgリーグ戦優勝/ROCK ON)
判定 3-0 ※三者とも30-27
●須藤可純(ミネルヴァ ピン級6位/NJKF・笹羅)

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】ウェルター級王者・モトヤスック、三冠王・馬渡亮太や”歌うキックボクサー”瀧澤博人が出場=5.9後楽園

・【ジャパンキック】20歳の馬渡亮太がヒザで差をつけ三冠達成、モトヤスックはNJKF交流戦にKO勝ち

・【ジャパンキック】新春1月大会は元ラジャ王者・武田幸三プロデュース、若き二冠王・馬渡亮太がWMO王座に挑む

・【ジャパンキック】瀧澤博人が接戦制してWMO王座を戴冠、シラーが止まらぬ攻撃で完勝

・【新日本キック】ぱんちゃん璃奈が計量パス、来年のベルト奪取に向け「しっかり倒して決める」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧