TOP > 吉鷹弘の打撃研究室 一覧

第33回 ジョルジオ・ペトロシアン、その高度なテクニックの巻

  最新の試合を題材に、打撃のスペシャリストである筆者が打撃技術を分析していく。今回は10月26日(月)横浜アリーナで行われた『K-1 WORLDMAX 2009 World Championship Tournament FINAL』にて、完璧な内容で危なげなく頂点を極めたペトロシアン。そのペトロシアンの洗練された技術について論じてみたい。

■スリークォーターのフォームと酷似する左ストレート

 試合の動画を観れば分かる様にサウスポー独特のパンチの軌道&角度を持ち合わせているペトロシアン。

 右フックからの繋ぎは用いず、右ジャブから左ストレートへの繋ぎを多用する。この時点で右フックはそれ程得意ではないーーと察することができる。

  ペトロシアンは左ストレートを打つ際、左ヒジを後ろへ引くバックスイングはほとんど行わないが、繰り出す前に右肩が幾分左斜め下へさがる癖がある。実はこ の癖がクセモノで、この右肩の下がりを起動にしながら右足を踏み込み左ストレートへとつないでいく(このフォームは力の流れが阻害されないため、見た目以 上のウェイトが拳先に乗ることが多いので威力が増す)。

 その際、左ヒジを幾分曲げたまま、さらに継続して右肩を下げながら左ストレートへつないでいくため、パンチの軌道は幾分(ペトロシアンから見て)左斜め下方向へ打ち放つことになる(野球投手のスリークォーターのフォームと酷似)。

 このフォームで打つ左ストレートと対した相手には ・・・

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

吉鷹弘の「打撃」研究室 第33回 内容
■スリークォーターのフォームと酷似する左ストレート
※以下、会員の方のみご覧になれます。
■ペトロシアン打法にもウィークポイントは存在する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 吉鷹弘の打撃研究室 一覧