TOP > 試合結果

【ZST】伊藤盛一郎、KO勝ちで初防衛に成功

2015/08/23(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

右フックをクリーンヒットさせた坂巻(右)

▼第9試合 フライ級 ZSTルール 5分2R
○坂巻魁斗(BRAVE GYM)
判定3-0 
●木内崇雅(和術慧舟會GODS)

 ZST新世代ファイターの1人、坂巻はZST本戦デビュー以降、3戦3勝オール一本勝ち。王座挑戦に最も近い存在といわれている。対する木内は連続一本勝ち中。坂巻を倒して王座挑戦を狙う。

 1R序盤から坂巻が回転の速いパンチ連打で木内を追い込む。これを凌いだ木内は自ら寝技に引き込むと三角絞め、腕十字狙い。坂巻は冷静に防ぐと強烈なパウンドを落とし、ヒールホールドも仕掛ける。

 2R、グラウンド勝負の木内に対し、坂巻はパウンドを落としながらアキレス腱固めも仕掛ける。

 スタンドでも手数で圧倒し、危なげなく坂巻が判定勝ちした。マイクを握った坂巻は、大ファンであるAKB・島崎遥香について語り始め「ぱるる(島崎遥香)がぜんそくで活動休止したために、自分のモチベーションも下がって判定になってしまいました。ぱるるがTwitterを始めました。あと、ぱるるが11月公開の映画(劇場霊)で主演するのでよろしくお願いします」といい、会場から笑いを誘った。


 

パウンド連打で逆転勝ちしたゾシュ(上)



▼第8試合 フェザー級 ZSTルール 5分2R
○ティム・ゾシュ(オーストラリア)
TKO 1R3分33秒
●内田龍介(グランドスラムKREW)

 セミに登場したティレル・ホーガンと同じく初参戦のゾシュ。当初は檜山勇斗と対戦を予定していたが、檜山が負傷欠場となり、内田が代替出場となった。

 1R序盤から内田が強烈な打撃でゾシュを追い込み、ゾシュは鼻血を出す。

 KO寸前までいったが、ゾシュが右ストレートをクリーンヒットさせ内田がダウン。ゾシュが追撃のパウンドを落とし逆転勝ちした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2015年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック