TOP > ニュース

【Krush】K-1エリート・軍司泰斗と決勝争う玖村将史、地方から世界目指す選手らの希望背負う

2019/01/23(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

スピードあるパンチを叩きつける玖村

 2月16日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.98』の第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝戦で、第2代バンタム級王者・軍司泰斗(20=K-1ジム総本部チームペガサス)と対戦する、玖村将史(20=K-1ジム五反田チームキングス)が都内で公開練習を行った。

 玖村はNJKFバンタム級で4位まで浮上した後、Krush参戦後は無敗の快進撃を続けている。

自分のスタイルで完封すると宣言

 1Rのミット打ちによる公開練習ではパンチのコンビネーションから右ミドル、さらに飛びヒザ蹴りも披露するなど軽快な動きで好調をアピールした玖村。

 準決勝では、K-1王者の武尊や武居由樹と激闘を繰り広げたビクトー・サラビアと対戦した玖村。アウトボクシングに徹して勝利したが「「Krushではみんなガンガン攻め合うんで、今までの戦い方はそれに合わせて戦ってたんですけど、逆にああいうふうに徹底してやったら、思ったよりKrushでも通用するなと思った」と、収穫があったと語る。

1回戦では1Rに左フックでダウンを取ってそのままKO勝ち

 今回の決勝・軍司戦でも「サラビア戦と同じように次の軍司戦もしっかりポイントを取りながら、相手に何もさせず、自分だけ攻撃を当てる試合をしようと思います」と完封勝利を予告した。

 軍司はコメントで「1Rからバチバチに倒しに行く」と宣言していたが、玖村は「「今回は打ち合うつもりはない。相手がガンガンきたら上手くいなします。今は久保優太選手にも教えてもらっていて、優太さんみたいな完璧なスタイルで、当てさせずに当てる戦い方で勝とうと思ってます」と、打ち合いには付き合わないという。。

「格闘技は体だけじゃない。キックボクシングはトータルで戦うスポーツなんで、トータルで上回って勝ちます」と、パワー自慢の軍司には総合力で勝つと宣言した。

大阪時代は兄と二人、公民館で練習していた。地方出身選手として決勝の舞台へ

 軍司はK-1アマチュア→K-1甲子園→KrushチャンピオンとK-1のピラミッド構造を駆け上がってきた選手。
 玖村は「軍司選手は順調にK-1のピラミッドを上がってますけど、僕は地方から上京してきて、地方の選手がK-1の世界チャンピオンになることは、みんな目標。それを自分がみんなに分からせてあげて、どんどん地方からも選手が増えてくれたら、もっと格闘技も盛り上がっていくと思う」と地方からトップを目指す選手たちに希望を与えると意気込んだ。

【大会・チケット情報】 2・16 Krush実行委員会「Krush.98」

●編集部オススメ

・サラビアの強打を封じ込め勝利した準決勝

・1RKO勝利でKrushデビューを飾った玖村

・軍司泰斗、本領発揮の「1RからいってKO勝ち」で二階級制覇宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース