TOP > ニュース 一覧

“社会貢献ファイター”志朗が、子どもたちや被災地に寄付を続ける理由「試合で結果を残せば、支援も広がる」

2021/08/07(土)UP

タイの小児施設で子どもたちに囲まれる志朗

 9月23日(木・祝)神奈川・横浜アリーナで開催の『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』で行われる[RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント準決勝&決勝]。準決勝戦でRISEスーパーフライ級王者・大﨑一貴と対戦する、ISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(BeWELL キックボクシングジム)。

 志朗は以前からタイのHIV小児施設への支援や、東日本大震災の被災児童への教育支援、熊本水害への支援を行うなど“社会貢献ファイター”としても知られる。今年7月には、子どもの健全育成や国際協力、農業支援等を行うNPO法人『志の会』を立ち上げ[志朗スマイルサポート]として活動を行ってゆく。

福島市の子ども食堂に600kgの熊本米を寄付した志朗

 7月30日には福島市の子ども食堂へ、熊本県の山都町と芦北町で生産された米を計600kg、福島市長を通じて寄付した。福島市への米の寄付は、4月に150kgを寄付しており、今回で2度目となる。

 熊本県山都町は、美しい棚田での米作りが名物だが、16年の熊本地震の際に被害を受け、米作りをやめてしまう人も多く出た。また、芦北町も昨年の熊本豪雨で被害を受けた。

 志朗をプロモートする『Kick-Revolution』によると、両町の主要生産物である米を志朗が買い取り、子ども食堂等へ寄付として渡すことで、生産支援に少しでも役立ち、また熊本に関心を持ってもらうことにもなると言う。また将来、被災地同士の交流にも繋げていければとのことだ。

トーナメント1回戦、志朗がダウンを奪った右ストレートがヒットする瞬間

 志朗は「結果を残していけば知名度も上がって、支援出来る幅も広がっていく」と語る。
 昨年の『RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~』で優勝し、500万円のトーナメントの賞金を獲得した志朗。他ファイトマネーやチケットの売り上げなども、RISEに参戦してから上がってきたと言う。その収入の一部を活動費や寄付にまわしている。

 最近では熊本に行くと「志朗選手ですか」と声をかけられることもあると言う。志朗は「被災地の方から”忘れられることが一番つらい”とよく聞く。自分の注目度が上がることで、熊本や福島が『あの志朗が支援しているんだ』と関心をもってもらえるきっかけになれば」と支援の気持ちが、試合のモチベーションにもなっていると語る。

次ページ:支援の原点はタイでの経験「子どもが一番被害に遭いやすい」

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・志朗が語った那須川との0コンマ何秒のやりとり

・志朗が延長戦でダウンを奪い、滉大とのテクニシャン対決制する

・志朗、準決勝戦で当たる大﨑一貴に「彼とは戦う運命、ずっと戦いたかった」

・【五輪空手】女子形・清水希容が銀メダル、形でミス日本特別賞の美しさも世界に届ける

・【柔道】銅メダルの美女ビロディド、帰国後の浜辺のサービスカットに読者歓喜、今後は階級アップ準備へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧