TOP > ニュース 一覧

【K-1】引退も考えた久保優太「17連勝した自分を取り戻した」

2016/02/24(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

3週間の走り込み特訓を経て、パワーを増した蹴りを放つ久保

 3月4日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント』にて、一回戦で第3代Krush-65kg級王者NOMAN(DTS GYM)と対戦するGLORY -65kg SLAM王者・久保優太(K-1ジムGOTANDA)が、2月24日(水)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

 シャドー、パンチのミット打ち、キックのミット打ちをそれぞれ1分30秒ずつ行った久保は、「今日の公開練習はどうでした?」と記者たちに感想を聞き、いい手応えを感じている様子。「かつての自分が戻ってきたな、と感じます。試合が楽しみです」と自信に満ち溢れた表情を見せる。

 昨年4月のK-1で左右田泰臣に敗れ、「もうピークを過ぎたんじゃないかと思って、衰えを感じて自信をなくし、引退しようかと考えた」という久保。「でも、今回日本トーナメント出場のチャンスをもらって、今の自分に何が足りないのかを考え、自分に出来ることを一生懸命に頑張ろうと思いました。そして頑張ってきたら“まだけっこういける”と思って(笑)。強くなる自分が楽しくなって、格闘技は楽しいと改めて思いました」と、自信を取り戻した。

 イメージしているのは2010年から2013年にかけて、17連勝した時の自分。「試合に対する貪欲さ、試合に対するハングリー精神が一番変わった」と言い、「ジムを設立して自分が先頭に立って引っ張っていかないといけない、覚悟が違います」と精神的に強くなったことを強調。さらに「公開計量で僕の身体を見てみんなビックリすると思う。それくらいの練習をしてきました」と、練習の成果は身体にも現れているという。

 1回戦で対戦するNOMANは「久保の負けパターンは見えている」と言ったが、「それは自分自身もよく分かっている。でも今回は違う。ニュースタイルを出せると思う。スタイル的にはけっこう変わりました」と、以前の自分ではないと強調した。

 また、NOMANが1回戦に全てを懸けると言っていることに関しては、「優勝するためには1試合で100%は出せないですからね。でもNOMAN選手が100%で来るなら僕は120%×3(決勝までの3試合)を出してやろうと思っている。NOMAN選手が捨て身で来るなら、僕も捨て身で行ってみようかな」と、トーナメント3試合全てで120%の力を発揮すると語った。

●編集部オススメ記事
・NOMAN「久保優太の負けパターンは見えている」
・久保優太「日本トーナメントで新生・久保優太を見せる」
・久保が一度は引退も考えた左右田戦

【大会・チケット情報】 3・4 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧