TOP > 試合結果

【JTA】鈴木雅博が7年ぶり優勝、目標はK-1

2015/11/28(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

鈴木(左)の後ろ横蹴りと倉田(右)のカカト落としが交錯するテコンドーらしい足技の攻防

JTA日本テコンドー協会
「第26回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会-ITA杯無差別級王者日本一決定戦」
2015年11月28日(土)東京・後楽園ホール

▼A級男子組手フルコンタクト・テコンドー王者決定戦決勝戦
○鈴木雅博(湘南平塚テコンドー倶楽部)
延長1回 判定3-0 ※三者とも10-9
●倉田剛志(千葉柏テコンドー倶楽部)
※鈴木が優勝。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

鈴木(左)の後ろ横蹴り

 既存のライトコンタクトルールではなく、KO勝ちを認める直接打撃制ルールによって争われるフルコンタクト・テコンドーの全日本選手権大会が、26回目の開催を迎えた。

 男子は今回、レベルに応じてA級とB級にトーナメントが分けられ、A級は「フルコンタクト・テコンドー王者決定戦」として行われた。

鈴木はパンチも巧みに使い、蹴りにつなげた

 決勝に進出したのは、2008年の全日本王者・鈴木と2013年の全日本王者・倉田。身長186cm・体重89kgの倉田は豪快なカカト落とし、飛び後ろ廻し蹴りを繰り出し、身長167cm・体重66kgと体格で劣る鈴木は突進して後ろ蹴り、中段廻し蹴りを放つ。

 本戦の判定はジャッジ1名が倉田を支持したがドローとなり、延長戦に突入。大技の倉田vs勢いと気迫の鈴木という図式になり、鈴木はパンチ(顔面のみライトコンタクト)を上手く使って蹴りへつなげていくのが目立つ。

倉田(左)の豪快なカカト落とし

 豪快なカカト落としや飛び後ろ横蹴りで攻める倉田に、鈴木は後ろ横蹴りと中段廻し蹴りで応戦。終盤、気迫で前に出る鈴木に倉田がバランスを崩してコーナーへ追い込まれる場面があり、鈴木が判定3-0で勝利。7年ぶりの優勝を収めた。

 鈴木は「昨年の10月から道場を持つようになって、道場の責任者として生徒や応援してくれる人たちのプレッシャーを感じていたんですが、プレッシャーを背負って優勝するのが本当のチャンピオンだと思っていました」と優勝の喜びを語る。

鈴木は大会MVPであるJTA杯も受賞した

 チームドラゴン所属のプロキックボクサーでもあるが、「河先生(JTA日本テコンドー協会会長)にJTAを盛り上げるために出ろ、と言われて出ることにしました」と言い、「テコンドーの選手も続けるつもりです。他に盛り上げる選手が出てくるまで僕がJTAを引っ張ります」とエース宣言。

 プロとしては「K-1を目指したい」とK-1出場を目標に掲げ、「11月のK-1でセコンドとしてリングに上がったんですが、次はメインイベントに出る選手としてK-1のリングに上がりたい」と夢を語った。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 <フルコンタクト・テコンドールール>
 リングを使用し、本戦2分(延長1分2回まで、決勝戦のみ3回まで)で行う男女別の無差別級トーナメント。上段・中段への蹴り(ローキックは禁止)と中段への突き、そして上段突き(蹴りを生かす程度の額とアゴへの攻撃)を用いての一本(KO)勝ちや技あり、または時間内にダウンがなければ判定によって勝敗が決せられる。

※女子トーナメントの決勝戦はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果