TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】安保瑠輝也が3度のダウン奪い復活の“53秒殺”KO!「俺が王者にならないと始まらない」と、2階級制覇を宣言(動画あり)

2021/07/17(土)UP

3度のダウンを奪い秒殺KOを飾った安保

K-1実行委員会
『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1ライト級タイトルマッチ~』
2021717日(土)福岡国際センター

▼第9試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級
○安保瑠輝也(team ALL-WIN)
KO 1R 0分53秒 ※3度のダウン
●幸輝(インタージム)

階級を上げたからか、一発一発にパワーと重さが増している安保

 安保は19年6月の両国大会でゲーオ・ウィラサクレック戦を制してベルトを奪取。同年12月にゲーオとのダイレクトリマッチで勝利し初防衛、昨年3月に不可思を下して2度目の王座防衛に成功した。しかし9月に山崎秀晃との再戦で1R KO負けし王座陥落。その後右拳の手術を経て、満を持しての復帰戦となる。

 対する幸輝は幼少時より修めた伝統派空手をバックボーンに、九州や沖縄のキックボクシング大会で活躍。前戦は前述したKrush後楽園大会でフィジカルモンスター・FUMIYAを1R右ストレートで沈め話題となった。

▶︎【動画】安保が三日月蹴りで3度目のダウン奪取!“53秒殺”KO勝ちの瞬間

ミドルを放つ安保、勢いで幸輝の身体が折れる

 1R、両者共にオーソドックス構え。序盤、右ローを放つ安保。幸輝の前進しながらの右ストレートで尻もちをつくが、再び襲いかかる幸輝にジャブ、ストレートのワンツーで、幸輝から最初のダウンを奪う。

 幸輝はカウント8で立ち上がるも、かなり効いている様子。安保が右左とフックを振ると、幸輝が2度目のダウン。最後は二段蹴りからえぐるような三日月蹴り!幸輝の3度目のダウンとなり、安保が10ヶ月ぶりのリングを1分以内で終わらせた。

9ヶ月ぶりのリングを1分間以内で終わらせた安保

 安保は勝利者マイクで「山崎選手に敗戦してから9ヶ月ぶりの復帰戦で、今回の幸輝選手は自分が勝って当然と言われていたので、1Rで倒せて正直ほっとしている。K-1ウェルター級のベルトは今は空位だが、日本人も外国人選手も正直、華のない選手ばかりなので、俺がチャンピオンにならないと始まらない。ウェルター級のベルトは俺が必ず獲る」と、2階級制覇を約束した。

▶︎次ページは【動画】安保が三日月蹴りで3度目のダウン奪取!“53秒殺”KO勝ちの瞬間

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1】7.17 福岡大会 試合結果速報(ゴンナパーvs朝久泰央タイトル戦)

・【K-1】「前日計量全結果」ゴンナパーvs朝久泰央、安保瑠輝也ほか=7.17福岡

・[その日の試合]不可思、初回KOで九州大会に着火(動画あり)

・[その日の試合]超重量級・実方宏介が豪快ハイキック失神KO勝利「スーパーヘビー級を引っ張っていく」(動画あり)

・[その日の試合]和島大海が“激闘ネパール戦士”アビラルにローキックKO葬、王者・木村ミノルに挑戦状(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別