TOP > 選手名鑑 一覧 >堀口恭司 (修斗)

 

堀口恭司 (Horiguchi Kyoji) 
(1) 1990年10月12日 (2) 群馬県高崎市
(3) 163cm・60kg(試合時) (4) アメリカン・トップチーム←KRAZY BEE
(5) 修斗
(6) 2010年5月9日=川名蘭輝(修斗:北沢タウンホール)
(7) 第9代修斗世界フェザー級王者
・2010年修斗フェザー級新人王&MVP
(10) 空手
[戦績]21戦19勝(9KO・1S)2敗
~全戦績~

2017年4月16日「RIZIN 2017 IN YOKOHAMA -SAKURA-」
神奈川・横浜アリーナ
○【2R判定3-0】元谷友貴(CB IMPACT)

2016年11月19日「UFC Fight Night -Mousasi VS Hall 2-」
北アイルランド・ベルファスト SSEアリーナ
○【3R判定3-0】アリ・バガウティノフ(ロシア)

2016年5月9日「UFC FIGHT NIGHT」
オランダ・ロッテルダム
○【3R判定3-0】ニール・シーリー(アイルランド) 

2015年9月27日「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015」
さいたまスーパーアリーナ
○【3R判定3-0】チコ・ケイミュス

2015年4月25日「UFC 186」
カナダ・モントリオール

●【5R4分59秒 腕ひしぎ十字固め】デメトリアス・ジョンソン(アメリカ)
※UFC世界フライ級タイトルマッチ 

2015年1月3日「UFC 182-Jones vs.Cormier」
アメリカ・ネバダ州ラスベガス

○【判定3-0】ルイス・ゴーディノ(アメリカ) 

2014年9月20日「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014」 
さいたまスーパーアリーナ
○【1R3分48秒 TKO】ジョン・デロスレイエス(グアム) 

2014年5月10日「UFC Fight Night 40」
アメリカ・オハイオ州シンシナティUSバンクアリーナ

○【3R判定3-0】ダレル・モンタギュー(アメリカ) 

2013年10月19日「UFC 166」
アメリカ・ヒューストン

○【2R3分51秒 TKO】ダスティン・ペグ(アメリカ) 

2013年6月22日「VTJ 2nd」
東京・TDCホール
○【5R0分41秒 KO】石渡伸太郎(CAVE)

2013年3月16日「修斗」
○【2R1分35秒 スリーパーホールド】扇久保博正(パラエストラ松戸)
※世界フェザー級チャンピオンシップで第9代王者に




2012年12月24日「VTJ 1st」
○【3R判定3-0】イアン・ラブランド(アメリカ)

2012年7月16日「修斗」
○【3R判定3-0】井上学(U.W.F.スネークピットジャパン)

2012年3月10日「修斗」
○【1R2分06秒 TKO】徹肌ィ朗(和術慧舟會ネイキッドマン柔術)

2012年1月8日「修斗 サバイバートーナメント決勝
環太平洋ライト級チャンピオン決定戦」
●【3R判定0-2】上田将勝(パラエストラ東京)

2011年9月23日「修斗 SHOOTOR’S LEGACY 04」
○【2R3分22秒 KO】直撃我聞(PUREBRED大宮)

2011年7月18日「修斗 SHOOTOR’S LEGACY 03」
○【1R3分17秒 KO】根津優太(和術慧舟會東京本部)

2011年4月29日「修斗 修斗伝承 2011~東北地方太平洋沖地震支援チャリティー~」
○【1R1分06秒 KO】細井鷹飛呂(パラエストラ松戸)

2010年12月18日「修斗 THE ROOKIE TOURNAMENT 10 FINAL」
○【2R0分43秒 KO】赤尾セイジ(NEX-SPORTS) 
※2010年度フェザー級新人王決定トーナメント決勝戦 

2010年8月7日「修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.5(2010年度フェザー級新人王決定トーナメント準決勝)」
○【1R2分25秒 TKO】石橋佳太(和術慧舟會Duro)

2010年5月9日「修斗 龍争虎闘 Vol,3(2010年度フェザー級新人王決定トーナメント二回戦)」
○【2R判定3-0】川名蘭輝(ロデオスタイル) ※デビュー戦

TOP > 選手名鑑 一覧 >堀口恭司 (修斗)

イベント日程
2012年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る