TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ボクシング】バッティングでわずか16秒の王座戦、ロドリゲスが出血中止で井上尚弥「これはちょっとえぐい」

2021/08/15(日)UP

バッティングで鼻筋から出血するロドリゲス(showtimeboxing インスタグラムより引用

 本日15日(現地時間14日)米カリフォルニア州カーソンにて行われたカシメロvsリゴンドーのタイトル戦の前座で[WBAバンタム級暫定王座決定戦]が行われ、19年5月に井上尚弥と対戦した元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(29=プエルトリコ/同級7位)が参戦。同級2位のアントニオ・ラッセル(28=米)と対戦したが、わずか16秒、バッティングでロドリゲスが負傷し、無判定(ノー・デシジョン)となった。

【動画】「これはえぐい」バッティングの瞬間

 試合はラッセルが右フックで前に出たところ、ロドリゲスがかわし、前に出て左フックを打とうとしたところ、バッティングとなりロドリゲスがダウン、鼻筋から出血し、キャンバスに血が滴る。うずくまり苦しむロドリゲスの姿にレフェリーが試合を止めた。ロドリゲスは鼻骨骨折の疑いがあるという。

 ラッセルは「ジャブを打とうとして前に出た。そのあとフックと思ったが、ぶっつかってしまった」と状況を説明。そして「4ヶ月間、トレーニングで最高の準備をしてきた。こんなことになってしまって残念。いいパフォーマンスを見せたかった。ロドリゲスに準備をしてもらって、是非また対戦したい」と語った。

 ロドリゲスはリング上で応急処置し「怪我が治ればラッセルとこの一戦をまたやりたい」と希望した。

 ゲスト解説の井上尚弥はこのバッティングに「これはちょっとえぐい。お互い出会い頭のバッティングだったので悔やみきれないですけど、致し方ないのかなと」と不慮のアクシデントを慮るようにコメントした。

▶︎次ページは【動画】「これはえぐい」バッティングの瞬間

●編集部オススメ

・カシメロがリゴンドーに2-1の僅差で勝利「相手は逃げ回っていた、次はドネア、最後は井上だ」

・井上尚弥、カシメロに「ああいう事してもらえると…問答無用で倒す」

・五輪柔道”銅”ビロディド、ビーチで「夢のバカンス」鍛えられたボディ披露

・張本氏が謝罪、入江聖奈は番組直後に「痛くないんですよ、ボクシング始めて欲しい」安全性を主張

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別