TOP > 試合結果個別

【RISE】運命の親友対決は風音が政所仁との打ち合いを制し勝利、志朗が待つ決勝戦へ

2021/09/23(木)UP

親友・政所(左)に、鬼の形相でパンチを叩き込む風音

RISEクリエーション
『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』
2021年9月23日(木・祝)横浜・ぴあアリーナMM

▼第7試合 RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 準決勝② 3分3R延長1R
○風音(TEAM TEPPEN/RISEスーパーフライ4位)
判定2-0 ※30-29×2、29-29
●政所仁(魁塾/WBKF世界スーパーフライ級王者、J-NETWORKフライ級王者)

 -53kgのトップファイターが集ったRISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメントの準決勝。風音は、RISEスーパーフライ4位。プロキャリア前半は関西を中心に活躍し、19年3月にTEAM TEPPENに移籍。今年7月のトーナメント1回戦では、WKBA世界バンタム級王者江幡睦を延長判定で下す大番狂わせで準決勝へ進出した。

 政所は長島☆自演乙☆雄一郎を輩出した、関西の名門キックジム魁塾所属のファイター。破壊力あるパンチを武器に多くの強豪を破ってきた。今年に入って絶好調の兆しを見せる政所は、2月にWBKF世界王座を奪取。7月のトーナメント1回戦では元RISEスーバーフライ級王者・田丸辰からダウンを奪う快勝で準決勝へ駒を進めた。

 風音と政所は両者とも関西出身であり、自他共に認める親友の間柄。戦前には両者とも「全力で倒す」と、手心を加えない真剣勝負を宣言している。

 1R、リングの中央に位置する政所が右ロー。風音は左ローから右ストレートを伸ばすと、政所も右ストレートをカウンターで返す。風音が左ジャブを上下に散らし、踏み込んで右ストレート。圧力をかける政所が風音にロープを背負わせると、突き上げるような飛びヒザ蹴り。風音の打ち終わりのバックステップへ、政所はさらに飛びヒザ蹴りを合わせる。

 2R、風音が圧力をかけ左ジャブ、フックのダブル。風音の入り際に政所が左ハイを合わせる。風音が飛びヒザ蹴り、バックハンドブローと大技を展開。風音が上下に散らすジャブから左右フックを連打する。政所は右カーフキックを積み重ね、風音がバランスを崩すシーンも。下がる風音に政所がバックハンドブローで追撃。距離を詰めると、両者パンチを上下に強振する打ち合いを見せる。ラウンド終了直前に風音が右ストレート、左フックをヒットさせ印象点を稼ぐ。

 両者抱き合って開始された3R。政所が左フックを直撃。風音の打ち終わりに右ストレート、距離ができれば右カーフ、飛び込んで左ボディと攻撃のバリエーションを見せる。風音はパンチを浴びながらも圧力をかけ左右フックを強振。政所の左に右フックを被せると、政所も風音の打ち終わりに左フックをヒット。最後はコーナーで打ち合いを見せるまま試合終了のゴングを迎えた。

 ジャッジは1者目が風音、2者目がドロー。最後の3者目が風音を支持し、風音が僅差の判定勝利。風音が親友対決を制し、志朗が待つ決勝戦へ駒を進めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.23 那須川天心vs鈴木真彦ほか「RISE横浜大会」生中継、配信情報

・風音、親友の政所仁は“僕の道を塞ぐ相手”「最初からぶっ倒す気で行く」トーナメント制覇はイメージ済

・準決勝は親友対決、風音と政所仁は「全力でぶっ倒す」(風音)「ボコボコに」(政所)

・白鳥大珠「武尊にメンタル学んだ」「”顔に傷をつけた”直樹は許さない」

・那須川天心が計量パス、歌手デビューも明日の入場曲は変わらず!「矢沢(永吉)さんには勝てません」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別