TOP > ニュース 一覧

【レベルス】宮田プロデューサー、那須川代表と初遭遇「ヒントになるような言葉もいただいた」

2020/10/04(日)UP

REBELS新プロデューサーに就任した宮田充氏

 10月3日(土)東京・新宿FACEにて『REBELS.66』が開催され、大会終了後に元K-1プロデューサーで、今月1日からKNOCK OUT・REBELSプロデューサーに新しく就任したばかりの宮田充氏(52)が囲み会見に応じ、大会を総括した。

 REBELS開始前に行われたKNOCK OUTアマチュア大会から会場入りしたという宮田プロデューサーは、この日一番インパクトを感じたのは、セミファイナルで3R KO勝ちした工藤“red”玲央(TEPPEN GYM)だったという。

「今まで触ったことのある選手じゃなかったんですけど、試合前に挨拶をしてくれる不思議な男でした(笑)。リーグ戦に出ていてここで勝ち進めば(REBELS-RED 53.5kg級の)チャンピオンになれるということで、凄く気合の入った倒しっぷりでしたね。いいKOだったと思います」

セミファイナルで3RKO勝ちした工藤“red”玲央(右)

 また、この日には多くのジム会長と名刺交換をし、K-1プロデューサー時代には一度も交流のなかったTEPPEN GYM・那須川弘幸会長とも会話を交わしたという興味深いコメントも。

「控室周りで10分ぐらい2人で話をさせてもらいました。今後自分がやって行く道において、ちょっとヒントになるような言葉もいただいたので話せたことが有意義だったかなと思います。会場ですれ違ったことはあったんですけど、ほぼ初対面だったので挨拶できて良かったです」

 また、メインイベントの炎出丸(クロスポイント吉祥寺)vs大川一貴(青春塾)戦にも触れ「予備知識もなかったんですけど、炎出丸君はベテランで、大川一貴君は元々KrushのWILD RUSHのリーグ戦にも出てもらった選手でまだ頑張っているなと。セミが凄くいいKOという緊張感でメインが始まって、セミと違った意味でとてもいい試合だったと思います。最後に大川君が疲れたところを炎出丸君が突いて、判定2-0勝ちでメインにふさわしい攻防だったと思います。炎出丸君は、やっているからにはベルトを目指しているだろうし、そういう道を作ってあげられれば今日のメインの勝利も意味があったのかなと思います」とコメントした。

K-1時代に乱闘を止める宮田プロデューサー(右から3番目)。これからどんな熱戦を見せてくれるのか

 なお、試合では選手が首相撲の展開で相手を抱え込んで倒す場面が多かったことについては「テクニックとしてはあるかもしれないですけど、僕はあまり勇ましいとは思いません。キャリアの浅い選手やアマチュアでも結構目立っていたので、そこは何とかしないといけない。そういうことをやってエースになれた選手を僕は見たことがないので、試合としてちょっとどうかなと思いました」と苦言を呈した。

 今後の展望については「先日、REBELSの後楽園大会を客席で見ていて、いいところもありましたし『こうしたらいいんじゃないか』というところもありました。11月8日のREBELS後楽園大会はほぼマッチメイクは決まっていて、12月6日のREBELS後楽園大会は昼夜大会なので、これからマッチメイクの話し合いをしていきます」とした。

●編集部オススメ

・元K-1の宮田充氏がKNOCK OUT・レベルスの新プロデューサーに就任「見てわかりやすい形にする」

・ブシロードがKNOCK OUTを事業譲渡、REBELS運営会社で展開へ

・【K-1】宮田充プロデューサーが退任、後任はK-1解説の中村拓己

・【レベルス】炎出丸が激闘制し37歳最後の日を勝利で飾る、工藤redが豪快KO勝ち

・ぱんちゃん璃奈が『週プレ』でグラビアに挑戦「大人セクシー見てくださいませ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧